Saturday, 05 July 2008

なかなかウダツが上がらない人・列伝

中学二年の終わりの頃、そろそろ将来の進路を決めるべしという時、管理人は一旦職に就くことを考えました。先生たちに相談したところ、「実際問題として就職先がない」という事で、諦めざるを得ませんでしたが。

当時、十四才と半。実家を脱出できる十八才までは、まだまだ、三年半以上を要します。三年半…と一口に言っても、当時の私からみると、それまで生きた年月の五分の一以上に当たります。主観的には耐え難いほど長い。

以前書いたとおり、管理人の両親は、結婚前から生ける屍みたいな人たちだった、っていうか情緒的な問題を抱えていた人ですが、

その頃の父は、その前の年に癌で死の淵を覗いて以来、何とか前向きに暮らし始めていました。ただし、まだまだ自分自身の世話だけで精一杯という感じで、妻子を構う余裕は、明らかに、無かった。

かつて虚無主義的だったが故に茫洋としていた父が人並みに苦労する様子に、「まるで荘子の、目と耳と鼻と口を穿たれた混沌(※)のようだなあ。」と思ったことを覚えています。

母は当時すでに、実家の身内ほぼ全員とケンカ別れしており、時々職についても、毎回人間関係のトラブルで辞めるような、危うい人でした。

家族を含めて全ての人間を嫌悪していた母は、父が真面目になっても、当然の権利のように軽蔑し続けていました。

兄については、「あの子が生まれたとき、あたし、全然嬉しくなかったんだ」と陰で私に言いながらも、表面だけは、過干渉気味の溺愛を向けていました。

私については、絶縁した身内の姿を重ね合わせて、命がけで否定している、という感じでした。「学問好きな点は祖父そっくりで嫌い」「家事の手伝い方が○○伯母さんにそっくりで嫌い」「お前がお父さんの靴を磨いたりスーツの手入れをしたり車を洗ったりする気遣いも嫌い」「部活や習い事をやりたいと言ったり、楽しそうに気分転換などをする様子が、△△叔母さんに似ていて嫌い」

とにかく最低だ、死ね、と言う感じで。

じゃあどうすれば良いんだ?と思いますが、

小さい頃の、今にも自殺しそうだった母の思い出がある私としては、まじめーに応えるしかありませんでした。

母は愛情こそ皆無な人ですが、なにせ身長150cmちょっとで細っこくて、無垢な笑顔が可愛くて、猫っ毛のゆるふわ天然パーマでお洒落で趣味の良い、知性溢れる女性だったので、人生を諦めて生きて良いとは思えなかった。

そういうふわーっとした人だから、真面目に憎む気分にもなれませんし。

例えば私に向かって「ヒトを一人自殺に追い込むのなんて、簡単なんだからね?」とかいう言葉を自然に掛けてくるセンスも、そのお洒落な生き様の一部か?と思えるくらいでした。

(内向しがちだった怒りを外に表せるようになった母は、その分、快方に近づいてたって事なので、ちょっと嬉しかった覚えもあります。)

ただ、親戚の助けが望めないのは勿論、父や兄や友人は足手まといという孤立状態だったので、ストレスは一入でしたけれど。

家を出ることを諦めた管理人は、頭の中で二つの選択肢を天秤にかけました。

今から遠くで働いて小金を貯めて身を起こし、自由を手に入れるまでの年月の長さと、このまま十八まで親元で過ごして、心身が壊れてから回復できるまでの年月の長さは、大差ないだろう。

そう思うと、少しは納得できました。

それでも私は明らかに落胆していたのか、ある日に国語の先生と漢籍について雑談をしていたとき、史記に出てくる人物に喩えた励ましを頂いたことがあります。

周の太公望は妻の馬千金に不遇な日々を軽蔑されて過ごしたけれど、決して諦めずに己を磨き、大器晩成の形で志を果たした。

秦の張儀のような知性を身につければ、たとえ叩きのめされようが、舌さえあれば生きて行ける……というような。

スケールの大きい励ましに嬉しさを感じるよりも、「長年ウダツが上がらずに、配偶者にまで軽蔑され続けた人々と同じような歳月が、この先に待っているのかー。」と覚悟させられ、苦笑した記憶があります。

最近、陰陽道等を久しぶりにやったり(これだけ真面目にやるのは多分、その頃以来ですね。つまり二十年ぶりか)、

普通の稼業でも攻めの段階に入ったりしながら、ふと、そういう昔を思い出します。

(※)混沌=渾沌とも。当時読んでいた荘子 「応帝王篇」より。

| | Comments (6)

Sunday, 20 April 2008

あなたの魂に安らぎあれ

神林長平さんの同タイトルの本とは関係ない内容ですが、同書はネコとSFが好きな人にはお勧めの一冊です。(と言っても、ネコ好きにお勧めできる理由は、ラストまで分からないと思いますけど。)

寂光様とkana様のコメントへのレスを考えながら、心に浮かんで離れなかった思い出話を一つ。

-------------

Continue reading "あなたの魂に安らぎあれ"

| | Comments (0)

Sunday, 16 March 2008

狐と踊れ

注:神林長平さんの同名の本とは関係ない内容です。

-----------------

小学生の頃、何かにつけて憑き物めいた振舞いをする母に振り回されながら、

管理人が幼心に考えたのが、「民俗学なんかの本に出てくる『狐憑き』とは、こういう状態だろうな」ということだ。

Continue reading "狐と踊れ"

| | Comments (8)

Thursday, 07 February 2008

「時々人に混じっているアレ」

オカルトネタ注意。短いけど。

Continue reading "「時々人に混じっているアレ」"

| | Comments (4)

Tuesday, 22 January 2008

トート・タロット

ちょっと心理学的というかオカルト的な小ネタで。

管理人がトート・タロットというものを初めて目にしたのは、確か小学校2年くらいの頃だ。私とは四・五才くらい年齢が離れた、父方のいとこの家でだったと思う。

当時の私はそういうものに詳しくなかったし(今も詳しくないし)、

特にクロウリーを否定したいわけでもないけれど、

大人ならばまだしも、まだ自我の固まらない年齢の子供が、あのサイケデリックな絵札を日々眺める…というのは、もの凄く精神衛生に悪いに違いないと、その時でも思ったのは確かだ。

| | Comments (0)

Sunday, 13 January 2008

「極めて局地的な生き神様」

管理人の母方の祖母の一族は、明治以前の日本には各地にいたという、ローカルな生き神様みたいな人々だったそうです。

まぁ、

代々一族揃って地学や医学・薬学やらに通じていて、天気を読んだり鉱脈を読んだり水脈を読めたり、星に詳しかったり、壊れにくい堤防を造れたり、病気を治せたり、他人にはよく判らない難しい計算をしたりしつつ、時々加持祈祷をしたり占ったりしていたら、昔の人の目には、神様仏様に見えたんでしょうね。

やってることの大半は、学問だったのですが。

生き神のような人々と言われていたけれど、幼い祖母が7歳でリウマチ熱に罹って心臓を痛め、10歳までに死ぬか15歳までに死ぬかと危ぶまれる身体になったとき、

彼女の命を永らえることができたのは、

東洋医学のお陰でもなければ、身内の陰陽師が与えた加持祈祷でも呪術的な二つ名でもなく(祖母はその二つ名を嫌っていました)、あるいはその家の仲良しのいとことの縁組でもなく、

ニトログリセリンや外科手術等の、西洋医学のお陰でした。

どうにか15歳まで育ち、皆から「そろそろ寿命では?」「うかつに外にも出せないのでは?」と思われていた彼女は、まもなくフィアンセさえも捨てて、他所者の祖父と、自力でかなり強引にくっつきました。

ちなみに祖母が婚約破棄の挨拶に行った時点では、陰陽道の家の生まれの婚約者は、大学の数学の先生になっていました。なにせ大正時代ですから。

さて、祖母が選んだ祖父は、一応子供時代に神職見習だった経歴はあるけれど「ツマンナイ」という理由ですぐに辞めた、要は普通の人でした。(神社への奉職については、『この子は神童だから神社に。』という昔風の発想で、周囲の大人が進めた話らしいです。)

そして彼女は結婚後も、ニトログリセリンやペニシリンや鉄の肺や人工心弁など西洋医学の恩恵を受けつつ、10人以上の子供を産んで育てました。

伝統医学や加持祈祷頼みでは、もっと早くに死んでいたと思います。

彼女は生まれ付き非常に美しい人で、しかも50代後半で死ぬ少し前まで16・7歳の少女のような容貌を保ち続けたので、子供(伯父・伯母)たちと孫の一部の間では伝説と化しています。

『物心がつくまで、このヒトは実の母親じゃなくて若い後妻だと思っていて、俺は、"まだせいぜい10代後半なのに、オヤジみたいなおっさんの後妻になるなんて気の毒に"って考えてた。でもそのうち俺の年が上がっても母さんだけは一向に老けないし、オヤジへの態度はどう見ても古女房だしで、何かがおかしいと徐々に気づき始めた』とか

『あのヒトが家でお母さんって呼ばれてるのは何かの間違いで、実はきっと10歳くらい年の離れた姉さんに違いない!と思いこんでて、友達にお姉さん自慢をして回ってたら、近所のおばさんから訂正された。そんなはずないって言ったら、更にキッパリ否定された』とか

『昭和元年生まれの姉さんが帰省してきたとき、「お母さんは、なぜ昔、私が産まれた時すぐに戸籍に載せなかったんですか?理由は何ですか?」って母さんに絡んでて、母さんは「理由は、私がお前を産んですぐに死ぬと思われていたからだよ!」と反論していて、明らかに、実の母VS娘の喧嘩だった。その日初めて"このヒトはホントに昭和元年に姉さんを産んだんだ!"って納得して、ものすごい衝撃を受けた。』とか。

しかし、それも私に言わせれば、病気でコラーゲン産生なんかに狂いが生じていたんじゃないかと。(実際、世間にはそういう理由で、異様に歳をとらない人がいるようです)。

母が、自分は神様なんじゃないかと思い込んだりする妄想にはこういう下地があるらしいですが、管理人としては、もう少し冷静になれば良いのに、と思います。

私が伝統療法等に対し強い興味を持ちながら、一寸遠目から見ている理由の一つです。

| | Comments (0)

Thursday, 15 November 2007

案外、見ている人は見ている

以下、オカルトネタ注意。

=====

小さい頃に「のれんに腕押し」「ぬかに釘」「あまのじゃく」などの用語を覚えた時、身近な例文を考えながら、どうしても母親の顔が浮かんで消えず、困った管理人。

母は今でものれんに腕押しな人だが、困ったさん度は遥かにマシになっている。というわけであっさりと、例の先生の話の続編を書こうと思う。まずは昨年の管理人と母の会話の一部復元から。

母@日本「でも先生はどうして肝炎に罹ったの?輸血とか、今話題の薬害とか?」

Continue reading "案外、見ている人は見ている"

| | Comments (0)

Monday, 12 November 2007

ちょっとホラーな幼少期(実話)

先生の話に入る前に、ちょっと前置きをば。

管理人は割とオカルトネタを書いている割にオカルトが嫌いだが、そうなるまでには、それなりの経緯があるので、

今日はその経緯の初めの部分に、ちらっと触れておこうと思う。

Continue reading "ちょっとホラーな幼少期(実話)"

| | Comments (0)

Friday, 09 November 2007

余計な事を言ったのは誰だろう

去年の例の先生の件について、当初、管理人は必要最低限の情報だけを母に伝えて、それで済ませるつもりでいた。「あとは、お母さん一人でケリをつけてくれないか」と、頼みながら。

なにせ当時は海外の学校にいて、論文やら学年末テストやらが目白押しだったし、武術も楽しかったし、

長年のあいだに不調が慢性化していた自分を見つめ直して、乗り越えるべき課題を山ほど見つけたし、

母の悪さの度に、いつまでも私が後始末をするようでは、良くないと思ったので。

=====

その「先生」に関しては、

私がまだ幼かった頃の母が明らかにそうだったように、世間には、少し難しい本を読んだり、少しどこかの名刹に参籠したりした程度で「自分は密教を極めた」とか言い張るイタイ人は山ほどいるので、

一々気にしたら生きていけない、と思っている。

加えて、彼らの大半は、人生が泥沼に嵌ったせいで怪しげなワザに逃避しているに過ぎないから、

私は、そういう心弱りした人を、進んで叩くほど悪趣味ではない。

そんなことよりも、誰にでも成果が分かりやすい学力や武術で評価を勝ち取って、皆からほめ称えられた方が、楽しいに決まっている。昔も今も、そう思う。

=====

しかし母が去年選択したのは、

(1) 私が教えた内容を楽しく聞いた後で、

(2) ほぼ全てを地球の裏側にいた私に丸投げし、

(3) 自分は先生と同じ街に住みながら、何もしないことだった。

まあ、この人には常のことなので、

それだけならまだ良いが、

母は先日、私から聞いた内容を元に、先生の心の傷をえぐってきた。

至極たのしそうに。

母は、お茶やお花やお菓子などの話をしている分には機知に富んだ楽しい話し相手なので、気が付くといつの間にか、そういう人だということを忘れてしまう。

考えてみれば母は、例の近所のおばさんが飛び降りた時もキャッキャと嬉しそうだったし、

以前、自身の高校時代からの親友が行方不明になったという報せが届いた際も、同じ様に、純粋に嬉しそうにしていた人だった。そういう人を相手に、毎度毎度油断してしまう私も、どうかしていると思うが。

ちなみにこの母の親友は、先日会った叔母とも40年来の昔馴染で、

叔母は母と違い、私が失踪の報せを伝えたあとは、数日か数週間、明らかに落ち込んでいた。考えてみれば、これがノーマルな反応なのだと思う。

叔母によれば、数年前、この失踪の直前と思われる時期に、彼女から電話があったという。叔母の記憶では、彼女は電話口で「Kちゃん(管理人の母)に酷いことを言われた」と泣きじゃくっており

--一応この人は実業家で、かなりの女丈夫だったはずだが--

以来連絡が途絶えており、気になっていたそうだ。

| | Comments (2)

Sunday, 07 October 2007

ネタのような現実を生きる:結局自分はオカルト好きなのか

もう一ヶ月ほど前のことになります。

例の自称"密教を極めた"先生のお宅に設置していたブツを撤去する頃合いだったので様子見をしたところ、既に跡形もなく消えていたため不審に思い母に電話したのですが、私が問うより先に

「今日、先生の家に行って、お前から聞いたことを全部話してきたよ。式神のこととか、先生のお師匠様のこととか、持病のこととか。お前の言ったとおりみたい。心当たりあるって」

Continue reading "ネタのような現実を生きる:結局自分はオカルト好きなのか"

| | Comments (0)