Sunday, 13 April 2008

身体の使い方への無知

頂いたコメントに詳しい返答をしようとすると、まだ目と鼻の奥が痛くなるので、若干角度を変えたコネタを書いてみます。

----

まだ十五か十六の初夏、ふとした理由で営林作業に駆り出された時のこと。

当時は初めて首を痛めた直後で、余り動けなかったのですが、気にせずに参加しました(※)。

山に到着して、道具を選ぶことになった時、

私は調子が悪かったこともあって、その日の得物に大鎌を選びました。立てると胸の高さくらいの柄に、肩幅くらいの刃が付いた…というか、端的にいうと、死神の首狩り道具みたいな鎌です。

刃付けが良いうえ、研ぎについても、実際に髪の毛を削げるくらい丁寧に仕上がっていたので、私としては理想的な選択だと思ったのですが、

周囲には「そんな怖いものを使うの?」と驚かれました。

「今日は調子が悪いから。」との説明で納得してくれる人は、いませんでした。

このほうが楽だ、と言っても信じてくれないどころか皆が怖がることに、逆に私が驚きました。

大鎌はテコの原理を活かせるし、

立ったままで作業できるから楽なのだ、と言っても。

対照的に、普通の草刈鎌では、一日中屈んだ姿勢で作業しなくてはならないし、身体の近くで刃を動かす以上、危険度は大鎌より高いのですが…。(慣れない人が使うと、自分の向う脛をザクっと切る、等の事故が良くおきます)。

飲み物についても、

他の人は冷たい清涼飲料水をガブガブ飲んでいましたが、私は自分の胃腸や神経に無用な負担を掛けたくなかったので、熱いほうじ茶を持参して、喉の渇きを潤す程度に飲んでいました。

そんなこんなで、炎天下の作業が終わったとき、

他のメンバーは疲れた疲れたとぼやいていましたが、私の体調は作業開始時とさほど変りませんでした。このことについても、驚かれたのを覚えています。

実際以上に元気に見られるのは、こういう振る舞いも一因かもしれません。

-----

※当時の私は、「おしん」みたいな痩せ我慢が、日本人の一般的な美徳であり、常識だと思っていました。

今も、かなり、そうです。

しかし実際は、同世代の男女においては、

少しの苦痛でもママンやパパン等に泣きついて解決を図り、彼ら自身は手を動かさないし、工夫もしなければ成長も欲しない(つまり、悩みさえしない)ことが良くあって、

私にも往々にして、そういう惰弱な態度が期待される…という現実が、あったりします。

そんな「普通の人」に馴染むことを要求されるのには、正直、困惑しますね。

そのような軟弱さは、私が人間に必要と考える尊厳を蝕むものだし、

一個の生物としても、末期的だと思うので。

| | Comments (6)

Thursday, 13 December 2007

母のアスペルガーについて補足

誤解のないように断っておくが、母の持つ境界性人格障害っぽい何か(というのか?)とアスペルガー症候群とは、 

まったく別個の問題だ。

基本的にアスペルガー症候群の人は、一旦獲得した思考パターンその他の習慣に強いこだわりを持つので、普通に育つ分には、世間の「普通の人」以上に真面目で、律儀に道徳を守る人になる。

どれくらい律儀に道徳を守るかと言うと、四角四面過ぎて融通が利かず、周囲が戸惑うほどだ。

生まれつき、邪心がないし。

ただ、アスペルガーの子供は、大人の言うことを「普通の子供」以上に真に受けて、冗談や誇張や比喩が通じないから、

稀に母のように、幼少期の親の養育や教導が実質的に欠落している場合などは、

誰かが不用意に間違ったことを教えてしまったりするので(例えばジョークを理解しない・空気が読めない彼らに「馬鹿だなーお前は」と、冗談でも繰り返し言ったりすると)、

育てなおしが難しいのだと思う。

母のように、多分アスペルガーと境界性人格障害を合わせ持つ人は、

普通の境界性人格障害の人と違って意図的な悪意や妬み等を持たず、人の心を操作しようともしない純粋さがあり、

その意味では扱いやすいが、

自分と他人の区別のなさや、グレーゾーンのない極端な白黒思考や、愛着の激しさやパニック発作等は、普通のアスペルガー以上にヤヤコシイことになってしまうのかもしれない。

少なくとも母は、そういう人だ。

| | Comments (0)

Thursday, 01 November 2007

自分を育て直したり鍛えたり

去年あたり、トレッドミルでならば毎朝10kmくらいは走れる状態まで鍛えた管理人ですが、今現在は、たとえトレッドミル上でも3~4km程度しか走れない状態に落ちていると思います。アスファルト上で無理に走ったら、それこそ、膝などを痛めそう。

左右の脚の柔軟性は均等になってきたけれど、右脚の筋力は、まだまだ左に追いついていません。それでもまあ、駆け足で膝行をすると一足ごとに右膝がバキバキ言う、という情けない状態よりは、随分マシになりましたが。

仕方ないので、握力をつけたり、上腕三頭筋について考えたメニューをこなしたり、これまで同様に体軸を鍛えたりしています。

足に負担を掛けずにどうやって体軸を鍛えるか考えた末に、自宅では9月下旬からバランスボール(出来るだけ固く膨らませたもの)を椅子代わりにしていますが、これは中々良いようです。仕事のほかに自宅でも平日4~5時間、休日14~15時間は机に向かっているので、意識せずに鍛えられている感じがします。

バランスボール導入から一ヶ月経ち、

今朝久しぶりにやった馬歩で、上体が安定していることに驚いたりしました。

ゆっくりとした変化ですが、勉強にしても鍛錬にしても、少年漫画やゲームじゃないんですから、そう素早く強くなんて成長しませんって。

=======

余談ですが、かつての管理人のような子供の場合、「強制収容所や人柱の悪夢を頻繁に見る」というのは、良くある事らしいです。

そのほか物心付く前から、強制収容所やデスマーチを生き延びた人の話を聞いたりする度に自分の毎日と重ね合わせ、「私もこの人たちのように諦めずに頑張って、この苦境から脱け出そう」と勇気付けられたものですが、

ギフテッドであろうとなかろうと、小さい子供は普通そんなことを考えない…という現実に、つい何日か前、本を読んでいて気が付きました。

そもそも普通の子供時代がどんなものか知らないので、あくまで推測ですが。

======

<<管理人の、今日のちょっと役に立つ「生きるヒント」>>

子供を壊す親というのは文化や貧富を問わず案外沢山いて、不幸にしてそういう親の元に産まれてしまった子供は自分で自分を育て直さないと生きていくのが難しいですが、

かなり気をつけていないと、「破壊的な親」そっくりの思考回路で自分を育て直そうとしてしまいます。

ふと気が付くと、

『熱が38度9分で体が辛い?めまいや吐き気がする?甘えたこと言ってないでとっとと仕事行けよ自分。バーカ。』とか、『身体が辛いから病院行きたい?これしきでムダ遣いして良い筈ないだろう自分。このゴクツブシの人間のクズが!』とか『この数ヶ月三時間しか寝てない?連日三時間も寝てれば充分だろ自分。疲れたとか言ってんじゃーよクズ、いっそ死ね

とか、事あるごとに、心の中で自分を罵倒していたりしませんか?ちょうど幼い頃の自分が、親から罵倒されたように(笑)

子供時代の柔らかい心に、信頼する親から「これこそが常識だ」と刷り込まれた思考って、条件反射のように飛び出してきますし、意識して打ち消さないと消えません。

なにより、そのままでは、生きているだけで無駄に疲れます。

そういう時は、(認めたくないですが)世の中には自分の親よりずっと親業が上手な人が沢山いることを思い出し、彼らならどう言うか、考えてみましょう。

管理人、普通の親のことは良く知らないので想像するしかありませんが、多分「人は身体が資本なんだから、目先のことより健康を考えようよ」とか、言うと思います。

| | Comments (7)

Tuesday, 16 October 2007

トレイルランから遠く離れて

子供の頃にそうだったように、全身で考え事をし、全身で結論を出すのがベストだとは思うが(「腑に落ちる」感覚とも言える)、

時にはどうしても、頭ばかりで考えて行動しなくてはならない事もある気がする。

<<9月から引き続き行っていること>>

1.左右の足のバランスを回復する

2.腰椎のねじれを解消する

3.少なくとも6時間の睡眠を取る

4.通勤時は車両の連結部に立つ

5.握力をつける

6.バランスボールを椅子の代用にする

毎朝9~10kmくらい走る事は多分今でも難しくないと思うが、去年やっていたようなトレッドミルでの10kmとアスファルト上の10kmとでは足への負担が大きく違うので、大事を取るに越したことは無いと思っている。

子供の頃から山道で遊びなれている、というかトレイルラン志向なので、本当は毎朝オフロードを走れるような地区で部屋を探していたのだが(札幌だと、円山や真駒内などは地下鉄沿線である上に、良い山道に隣接している)

何かの縁で野山とは無縁の平坦な地域(しかも武術道場もない)に住んでしまっているので、少し、この先の身の振りようを考えている。

| | Comments (0)

Thursday, 06 September 2007

未着手の目標その他

コア・トレーニングというものは管理人の幼少期には無視同然の扱いを受けていたが、最近は実用書が市井の書店で買えるほどで、良い時代になったと思う。

秋にはハーフマラソンくらいに挑戦してみたい、と以前書いたが、目下の所、脚の可動域を増やしたり、右足の筋力を付けたり、体軸の歪みを矯正したりという基礎に、時間を費やしている。つまり全く走っていないし、武術からも遠ざかっている。

正直言って焦りがないとは言わないが、最近になって成果が目に見え始めて、少し報われた気分でいる。週明けから、また少しづつ走ったり蹴ったりする予定だ。鍛えた結果が、吉とでると良いけれど。

祭姪文稿の臨書は、以前のペースよりはかなり落としているものの、できるだけ時間(と不要な紙)を見つけては、書いている。おかげで以前の、12歳以降の進歩がない筆跡よりは、相当マシになったと自分で思っている。

今でも、街でクーポン誌などを貰うたび、読むより何より、練習用の紙が出来たことが嬉しかったりする。

文字通り寸暇が惜しく、世間の、退屈だのダルイだのとほざいている人々の気持ちが分からない。

| | Comments (2)

Wednesday, 22 August 2007

身体を根本から作り直す。

管理人の利き足は右だが、利き足ではないはずの左と比べて怠け癖が激しい。

野山を駆けるにしても、自転車を漕ぐにしてもトレッドミル上を走るにしても、ほぼ左脚に頼りきっている。それでも持久力があるためか、大体の人がリタイヤするようなハードな鍛錬でもそれなりにこなせるので、治す必要を感じずに来た。

が、去年気づいたこととして、

この歪んだ状態を長年放置していた為に、身体が手足のみならず深層筋等まで歪んでしまっている、という事がある。(右足の足首の関節の固さと右脚全体の怠け癖については、小学校5年で右足を捻挫した時に整形外科医に相談したことがあるのだが、その時は全く取り合われなかった。)

今の所、ピラティスもジョギングも、あるいは馬歩やウォーキングのような基礎トレーニングでさえ一旦止めて、「禅的体操」(樺島勝徳 著、法研 2005年)という本に出てくる体操とストレッチ及び軽い筋トレ、適宜状態に合った漢方薬を服用する等で、身体を根本から作り直している。

余談だけれど、身体年齢が分かるという体重計で測ると、18歳や19歳という数字が出るようになった。管理人と体組成が似た人間というのは母集団自体が少ないと思われるため科学的な意味は薄いだろうが、やはり、それなりに嬉しいものだ。

| | Comments (0)

Tuesday, 10 July 2007

投げ技について

先日、同僚が異種格闘技戦に出たのだが、投げ技を掛けた時に、

「柄の悪い道場の奴が相手なのに、関節を外してしまったらしいっすよ」

と気に病んでいた。私には何が問題なのかしばらく分からなかったが、どうもお礼参りか何かを気にしているらしい。

Continue reading "投げ技について"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 10 April 2007

VO2maxが化け物並に戻った

暫くの間ピラティスなどで、首周りを意識して体軸を鍛えながら、時々運動強度を上げては、様子を見ていた。

高校時代に頚椎を挫傷して以来、今でも下手をすると、脳脊髄液減少症だの、四肢の麻痺だの半身不随だのになりかねない。

これまで長年、「悩んでばかり居ずに何かやらねば」と変に張り切っては、山ほど故障を繰り返してきた管理人だが、ちょっとは失敗から学んだというわけだ。

「首に爆弾を抱えつつ秘密特訓」と書くと素敵だな。爆笑。

何らのアクションも取れないまま対策だけに頭を悩ます日々、まるで冬山でビバークしながら好天を待つような日々でも、最近は、気楽に乗り切れるようになったのも嬉しい。(外野の声を、丸無視するテクのようなものが身につきました。)

二週間前に心肺能力と右足の筋力、柔軟性を中心にしたトレーニングを本格的に再開した。最初は、唯一の自慢のVO2maxでも人並み以下の数字ばかりで(おや?)と思ったが、今月に入って元と同じレベルで安定したので、今日はこれを書いている。

3.9ℓ/min、単位を以前と揃えると85ml/kg/min前後。化け物に戻れて、ほっとした。

もし武術だけをやっていたら、また無理をし過ぎるということがおおいに有り得るけれど、VO2maxを三桁にのせるという目標があるので、自重しながら鍛えられる、気がする。

もう少し身体が出来たら、あんな道場やら、こんな武館やらに行ってみようと楽しみにしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 22 February 2007

体軸強化とピラティスについて

日本でピラティスというと、運動不足のモデルやハリウッド人種とそれに影響されたミーハーなお姉さんがたが行う簡易ヨガみたいなもので、真剣勝負の競技者男女が取り組むもんじゃない、と軽視されている節がある。

私が勝手にそう思っていただけかかも知れないが。

Continue reading "体軸強化とピラティスについて"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 20 October 2006

勉強及び武術での自己管理について

ニュージーランドに来て覚えたことの一つに、自己管理というのは、より幸せな人生を送るために存在する、ということがある。

質の良い睡眠と食事、適宜の気晴らしを確保することはまず、必須だ。また、学校や職場だけで人が生きているわけではないので、家庭や共同体へ、時間と労力を割くことも欠かせない。

Continue reading "勉強及び武術での自己管理について"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧