Wednesday, 04 June 2008

久しぶりに。

しばらくブログを更新しない間、仕事のほかは、主に勉強…というか修行をしていた(分野が特殊だし、座学じゃないので、勉強という言葉は似つかわしくない気がする)。

その間、ブログのコメント返し等について今後の方針を考えていた。

管理人は、熱心に話しかけてくる人の話については、相手が誰であれ、同じくらい熱心に聞く傾向がある。

加えて、相手がたとえ誰でも、尊敬する点の一つは見つけて、学ぼうとする習慣もある。

理由としては、自分がギフテッド(そして、わりと苦労人の部類)であることから、相手の知能の高低や人生経験の軽重や、あるいは善悪や好き嫌いを一々気にしては、学校生活も社会生活も送れなかったからだろう。

これまでの人生では、他人の話を傾聴することで目を開かされることが多かったし、人生において学ぶべきことが増えたりもした。つまりは、楽しかったのだ。

ただ最近になって、ブログのコメント返しについては、どうかな?と疑うようになった。

熱心にコメントしてくる人に対して一々しっかりと返答することは、どうも、自分の許容量を超えている。

-------------

私個人は、例えば友人というのは、数十年単位の時間を掛け、信頼関係を醸成しつつ、じっくりと作るものだと思っている。

というのも信頼関係というのは、お互いに生・老・病・死の掛かった修羅場の二つ三つでも乗り越えて、本性や行動パターンを見極めない限り、築けないものだからだ。

実際、かれこれ三十年や二十年タメ口でワイワイ話せるような関係の幼馴染たちでも、私にとっては親友ではなく、友人ですらなくて、単なる知り合いの域から昇格していない人々が、ほとんどだったりする。

(作ったことがないが、恋人とかは、もっとハードルが高い。)

残酷かも知れないが、大人というのは本来、そういうものだと思う。

とりわけ、こちらには人生の割と早い時期から守らなくてはならないものがあった都合上、致し方ない。

-------------

ちなみに、管理人にとって友情や愛情とは、「この御仁の為に死ねるとまでは言わんが、手足の一二本くらいなら、まぁ、危険に晒す価値があるかな」と思える人物に対して持つ感情だ。

手足の数も命の数も無限じゃない(し、痛い)以上、そうそう安易に友情の愛情のとは言いたくない。

そのためか、

コメントにしっかり返答したからとて、「俺・私って、ブログ主から個人的に興味や関心を持たれているんだ!友達になれるかも?」と誤解するらしい人々の思考回路には、困惑する。

もちろん、コメント欄であっても、私と長年交流していれば、いつか、友達になれるかもしれない。

たとえ十年以上盛り上がり続けても、友達にならない確率のほうが高いけれど(笑)

そういう可能性を踏まえて、以前とあるコメント人の「友達になれる可能性がゼロではないのでしょうか?」という問いに対し、マトモに「ゼロじゃないですが」的な答えを返したところ、これまた、誤解されたらしいことがある。

「いけ好かない奴だが、五十年くらいかければ茶飲み友達にでもなれるかもしれん」と思っていた私は、たいそう当惑したものだ。

繰り返すようだが、人間関係というのは本来、そういうものだろう。

あと、これは私の少々特殊な条件だが、

私にとっては「誰かを友達に格上げする」というのは、「特に用事がない限り、数ヶ月から数年は放置してOK」「五年や十年は一言も交わさなくても、平気な間柄になる」ということだ。

逆もまた然りで、数年の間連絡を絶っていても、再会と同時にアホ話で笑い合える人が居たら、私はその人物に、友情を感じるかもしれない。

---------------

管理人はこれからも当ブログのコメント欄を閉める心算はないが、あまり丁寧に応対しないことにしたので、悪しからずご了承頂ければありがたい。

相手が誰であろうと、人から間合いを詰められた時は詰められた分だけ下がりたいものだし、下がれないとしたら、気分が悪いので。

--------------

三和特殊鋼様のコメントへのお返事は、後ほど書きます。少々お待ちくださいね。

| | Comments (6)

Tuesday, 22 April 2008

テレビを見ないこと

巷に溢れる「ストレス対策」の読み物に、よく、「しばらくの間、テレビ無しで過ごす」ということが書かれています。

実際のテレビには良い番組もあるのですが、酷いものを見かけてしまったときは半端じゃなく滅入るので、私には、確かに危険な存在です。

あれを観て滅入らない人というのは、全ては自分とは関係ない世界の出来事だと信じているに違いない、とさえ思えるほどです。

例えば、何かにつけて「だまされた」と糾弾する割に、だまされやすい自分たちについて考えてみる様子は、一向に見えなかったりします。

犯罪報道についても、ああまでエンターテイメント扱いをするのは、それで気分がスッキリする視聴者がいるからで、つまり

「悪人は生まれ付きの悪人。」「そんなことをしないワタシたちは、生まれ付きの善人。良かったね!」という、グレーゾーンのない、ものすごく雑な分類でしか善悪や人間を捉えない視聴者が、全国に数千万人もいる、ということです。

ぞっとせずには居られません。

世の中の悪というものには大抵、

そういう善人の、悪が悪たるゆえんを想像力だけで理解できる(理解している)と思っている鈍感さが加担しているのだと、気づくことが多い人生なので。

ともあれ長年のストレスにようやくひと区切りがついてきたので

「テレビを持っても良いかな?」と思えるようになったのですが、しばらく後回しになるとは思います。それくらい、優先順位が低いです。

(持つにしても自分の場合、パソコンのUSBポートにワンセグチューナーを差すだけ、とかで済ませそうな気配。)

| | Comments (0)

Wednesday, 16 April 2008

食事・栄養療法について(一)

kana様と寂光様のコメントへのレスを兼ねて。

------

先日の季節の変り目に、久々に軽い風邪を引いたときのこと。

一週間ほど連日、夕方4時くらいから微熱が出て、顔が熱くなったり、手足が重くなったり頭がボーっとしたり、という状態が続いたのですが、

その時、私は、仕事に支障がないように気を遣いながら、

考えてみれば数年前までは、長い間、こういう発熱や身体の重さとの戦いが日常的だったことを思い出しました。

それが日常じゃなくなった後も、留学の少し前まで頻繁にぶり返していたことや、

そのたびに内心で「大丈夫か自分?」と、不安になっていたことも。

当時、仮に親に相談しても、医療費の負担を愚痴られたり「死ね」と言われたりで、思うように病院に通えなかったし、

もし親戚に相談しても叱咤されるだけだったので、

できるだけ平気なフリをしていましたが、

今振り返ってみると「心細かったろうな自分」と思います。

------

管理人が、「食事療法」「栄養療法」といえる考え方に初めて出会ったのは、大学入学のために上京し、いわゆる「寝たきり学生」を地で行く暮らしをしていた頃のことです。

週あたり数時間、瞬発的に頑張って、そのたびに燃え尽きて、残りの時間を寝たきりで過ごす…というような時期、下宿の傍の書店で見つけたアンドルー・ワイル氏の著書がそれです。(「ワイル博士のナチュラル・メディスン」等)

これらのお陰で、カフェインや甘モノを過剰に摂取することの悪さや、精白しない穀物の良さを知ることが出来ました。

が、当時の流行では、「こんな不調にはこういうハーブが効く」というような、西洋の薬草にスポットライトが当たっていたせいか、食事そのものには、深く踏み込みませんでした。

「基本の食生活をきちんと。」という世論自体、今ほど盛んではなかった。

当時の私個人は、豆やゴマや野菜やキノコや魚など、一見しっかり食べていました。

しかし、白いご飯を主食としたり、安い清涼飲料水を大きいペットボトルで買ったり、朝食を「甘いシリアルと牛乳と果物」などで済ませることには、問題意識を持っていませんでした。

もし私に母仕込みの自炊能力がなかったら、さらに既製品に頼っていたはずなので、その場合、この歳まで生き延びることは不可能だったかもしれません。(その点では母に、微妙に感謝しています。)

つづく。

| | Comments (0)

Tuesday, 01 April 2008

物心がつかない、ということ

今は学校が春休みだとかで、

同僚の子持ちの女性とお弁当を囲んでいると、しょっちゅう携帯が鳴る。電話の向こうからは、まだ声変わりしていない小学校中学年と低学年の男の子が、連日無邪気なことを報告してくるので、傍で聞いているだけでも楽しい。

近所で餅まきがあったこと、

兄弟でお餅を沢山拾ったこと、

拾ってきたお餅で、お家の中でも餅まきをやってたら、にーちゃんが色々命令してきて腹が立ったとか、お餅って冷蔵庫に入れちゃダメなの?とか何とか。

毎日がとても楽しそうですね、という私に、

男の子二人のシツケは腕力勝負よぉ、と、その人は口を尖らせた。

その人は見た目からして女らしく、ついでに私より年下で、体罰といってもデコピン程度しかやらなそうに見えるが、

実際は、毎日が取っ組み合いだそうだ。

それをきっかけに、隣席の別の女の人(三十代後半くらい)が、子供時代に一緒に育ったという従弟の話を始めた。

二歳下のその従弟は、今でこそ各種の黒帯を所持するアマチュア格闘家であり、

思いやりに溢れた立派な社会人だけれど、

物心がつく前は、あらゆる場面で腕力勝負を挑んでくるタイプだったので、いまだにその記憶のほうが鮮烈らしい。

例えばキン肉マン消しゴムが一個見当たらない、というだけの理由でプロレス技その他を掛けてくるため、彼女も腕っぷしで反撃しないと毎日の生活を送れなかったのだが、

審判であるお祖母ちゃんは、そんな時でも

「お姉ちゃんなんだから、あんたが優しくしなきゃダメ。」と彼女を叱るだけだったとか。

ちなみにこの人も、たいへん女性らしい、優しげなタイプである。

管理人の兄は根っからの文化系だし、

従兄弟たちにしても、年上すぎて互いにお客さん扱いか、又は年下すぎて、私がオムツを換えたこともあるほど…という感じなので、

未知の家庭環境をしのいで来た彼女らのことは、何だか尊敬してしまう。(特にママさんのほう)。

---------------

【今日のまとめ】

たとえば憧れのイトコのおねいさんに、

ウエスタンラリアートやエルボードロップ(かっこいい技)を、

スタン・ハンセン(かっこいい人)のようにキメて倒せば、

ボクも「かっこいい」と思ってもらえるんじゃないか?と考える、おっそろしく無邪気な心理状態。

それが「物心がつかない」ということ。

※注「ラリアート」=私の世代が子供だった頃の「ラリアット」の呼び方。

| | Comments (0)

Thursday, 20 March 2008

サンタフェで庭園で丘。

最近のニュースから、コネタの連想。

東京都が防潮堤の外側に建ててしまった福祉施設「サンタフェガーデンヒルズ」。

・「サンタフェ」。東京で、米国南西部ニューメキシコ州州都ですか。

・「ガーデン」。これはまあ許せるとしても、

・「ヒルズ」。海抜0m地帯で、「丘」ですか。

-----

そこから、

以前に本で読んだ、戦後まもない頃の大災害についてのルポにあった、当時の社会のこんな図式を思い出しました。

高台 (水害が来ても安心)= 大工場敷地や富裕層の宅地 

低地 (水害が来たら死ぬかも)= 町工場や庶民の居住地 

そういうふうに、私の親が子供だった時代の日本は、まだ、一度の巨大台風で千人単位の人が死ぬような国でした。それでも、やがて経済成長と共に防潮堤のような防災インフラが整えられ、

そのお陰で、現在の安全な生活があるわけですよね。

今回は、その防潮堤の外に住まわせるわけです。

おじいちゃんおばあちゃんを。

-----

ここまでで気が滅入ってきたので、連想を音楽ネタに向けました。

(注:以下、リンク先、音が出ます。)

私にとって「サンタフェ」といえば何より先に思い出されるのは、ジョン・ボン・ジョヴィのソロ「Blaze of Glory」の名曲「Santa Fe」です。

1992年のアメリカが、まだ、こういう曲を「歌詞が不信心」と言ってシングル化しないような国だったことも思い出しつつ

(注:精霊や幽霊や悪魔のような、キリスト教的に良からぬモノが出てくるので。)

YouTubeで探して聴き入り、

「今の世の中は、この曲の歌詞そのもの」「私にとっては、魂や生活を満たしてくれたのみならず、天命まで導いてくれたかもしれない曲です」って感じのコメント群に、「私の外にもそう思ってた人がいるんだ」と思いつつ、

そこで「ユニバーサル」が宣伝映像を配信しているのに気づき、同アルバムの同じくらい好きだった「Dyin' Ain't Much Of A Livin'」の公式動画を見つけて、

10代の自分って、このビデオみたいな気分だったな。思えば遠くへ来た。」

…と感慨にふけったりしました。

| | Comments (0)

Monday, 10 March 2008

東京大空襲

今朝の寝覚め、両国の江戸東京博物館の夢を見ました。

夢の中の私は、空襲の展示物の前にいて、マグネシウム焼夷弾がどうの、集束焼夷弾がこうの、と、人に説明していたのですが(自分でも嫌な知識を持っていると思います)、

珍しい夢を見るものだと思いながら目を覚まし、ニュースを読んでいて、今日3月10日とは、東京大空襲があった日なのだと知りました。

Continue reading "東京大空襲"

| | Comments (0)

Sunday, 09 March 2008

眠らせてくれ

今日一日、深いことばかり考えていたので、あえて軽い話題で。

最近の管理人が心がけていることに、

「とにかく、意識して、充分な睡眠を確保する」ということがあります。

いいじゃないですか、

明日につながる今日くらい。

(瞬間芸的なギャグを飛ばしたつもり)

| | Comments (2)

Tuesday, 04 March 2008

取り扱い説明書メーカー

にはとり様から嬉しいコメントを頂いたのですが、何だか上手に言葉が出てこなくて、済みませんが少々お待ち下さい。

その間、他愛ない話を。

取り扱い説明書メーカー というものを見つけたので戯れにやってみました。(忘道となっている部分は、管理人の本名を入れた箇所です。)

=============================================

忘道さんをご使用する際には以下のことに気を付けて下さい。
・女性を近づけてはいけません。
・男性を近づけてはいけません。
・ごくまれに、数秒間ほど反応がなくなることがありますが、仕様です。

--------------------------------------------------

また忘道さんを以下の場所でご使用にならないよう気を付けて下さい。
・汚いところ

--------------------------------------------------

忘道さんが故障かな?と思われる場合は以下のことを試してみて下さい。
・ネコを与えてみて下さい。

--------------------------------------------------

それでも忘道さんが正常に動作しない場合は。
・電池が入っていない可能性が高いです。

=============================================

【まとめ】

管理人の動作不良は、ネコを与えれば大抵、解消できるようです。あと、時々反応が無くなるのは、仕様だそうです。

| | Comments (0)

Friday, 01 February 2008

すごくへんなトンボ

連日最高気温が氷点下な今になって、あえて地球温暖化について考えてみるコネタ。

去年の夏、地元で電車(というか汽車)に乗っていたら、郊外のある駅で、黒いトンボが飛び込んできた。

バチバチと猛烈な音を立てながら高速で窓や扉のガラスに体当たりを繰り返すので、形状が定かに見えない。強いて言えばオニヤンマが横に太ったような、全身が真っ黒の、見たことのない種類だ。

ともあれ、あの調子で窓ガラスに体当たりを続けていれば、翅が痛んで再起不能になることは確かだった。

つまり、どうにかして逃がすしかないのだが、

飛んでいるままでは鈍くさい私には捕まえられないので(というか、公共の車内で昆虫を追い回す、危険な香り漂う不審者になりたくなかったので)、適当に裏技でプレッシャーを掛けて止めてから、

次の駅で、指でつまんで外に逃がした。

トンボの乗車駅から次の駅までの2~3分、手元で観察して驚いたのは、本当に全く見たことがない種類だったことで、

オニヤンマのような胴の横線が入っていないのは勿論、胴全体がやけに太く、体節の一個一個にミヤマクワガタの「耳」みたいな感じの装飾が付いていて、随分厳つい、熱帯的な姿かたちだった。

蜻蛉というよりdragonfly、という感じの。

近頃は地球温暖化のせいか、本来は外国にしか棲まないような虫が日本に飛来することがあるというけれど、あれも、その一匹だったのかも知れない。

| | Comments (9)

Saturday, 12 January 2008

谷川俊太郎の詩を思い出した

昨日貰ったコメントに返事をしながら、なんか谷川俊太郎の詩を思い出したので、彼の詩が数本載ってるリンクを貼ってみる。

谷川俊太郎/ポエトリージャパン 『ゆうぐれ』
http://www.poetry.ne.jp/zamboa_ex/tanikawa/2.html

(同画面右のリンクから、谷川氏の別の作品も5本位読めます。)

著作権の問題はあるだろうけど、こうやってサンプルを読んで引き寄せられる人も沢山いると思うから、むしろ宣伝になって良いんじゃないかと。

※08年4月付記:元々貼っていた2chニュー速の記事が消えたので、ポエトリージャパンさんに付け直しました。

===========

ちなみに管理人の小学一年の時の担任の先生が大の詩好きで、親も本好きだったので、管理人はその頃からこの人の詩を読んでいて、

『朝のリレー』等の優等生っぽい作品もいいと思いますけど

こういうエロスでタナトスでアナーキーでデストロイな作品群のほうが好きな小学一年生でした。

管理人の図太さは、ひょっとするとこういう土台のお陰なのかも。

お陰で今も、むしろ変な恥じらいのある人は下品だと信じていたりします。人命が掛かっていることに臆病風に吹かれるってのは、お子ちゃまなら兎も角、人間失格だと思うので。

旗幟鮮明なのが一番ですよ。

懐かしいものを思い出したな。

-------------

ちなみに、そんな管理人は、かつて兄から

漫画『ラブやん』の天使に似ている

と言われたことがある。外見や行動パターンや、実生活に役に立つのか役立たずなのかさっぱり判らない人外能力などが、全般的に似ているらしい。

『お前が読んだら怒ると思うから読むな』というので実際には読んでないが、

ちょっと調べてみたところ、確かに自分ってこんな感じだと思った。

| | Comments (2)

より以前の記事一覧