Wednesday, 16 April 2008

食事・栄養療法について(一)

kana様と寂光様のコメントへのレスを兼ねて。

------

先日の季節の変り目に、久々に軽い風邪を引いたときのこと。

一週間ほど連日、夕方4時くらいから微熱が出て、顔が熱くなったり、手足が重くなったり頭がボーっとしたり、という状態が続いたのですが、

その時、私は、仕事に支障がないように気を遣いながら、

考えてみれば数年前までは、長い間、こういう発熱や身体の重さとの戦いが日常的だったことを思い出しました。

それが日常じゃなくなった後も、留学の少し前まで頻繁にぶり返していたことや、

そのたびに内心で「大丈夫か自分?」と、不安になっていたことも。

当時、仮に親に相談しても、医療費の負担を愚痴られたり「死ね」と言われたりで、思うように病院に通えなかったし、

もし親戚に相談しても叱咤されるだけだったので、

できるだけ平気なフリをしていましたが、

今振り返ってみると「心細かったろうな自分」と思います。

------

管理人が、「食事療法」「栄養療法」といえる考え方に初めて出会ったのは、大学入学のために上京し、いわゆる「寝たきり学生」を地で行く暮らしをしていた頃のことです。

週あたり数時間、瞬発的に頑張って、そのたびに燃え尽きて、残りの時間を寝たきりで過ごす…というような時期、下宿の傍の書店で見つけたアンドルー・ワイル氏の著書がそれです。(「ワイル博士のナチュラル・メディスン」等)

これらのお陰で、カフェインや甘モノを過剰に摂取することの悪さや、精白しない穀物の良さを知ることが出来ました。

が、当時の流行では、「こんな不調にはこういうハーブが効く」というような、西洋の薬草にスポットライトが当たっていたせいか、食事そのものには、深く踏み込みませんでした。

「基本の食生活をきちんと。」という世論自体、今ほど盛んではなかった。

当時の私個人は、豆やゴマや野菜やキノコや魚など、一見しっかり食べていました。

しかし、白いご飯を主食としたり、安い清涼飲料水を大きいペットボトルで買ったり、朝食を「甘いシリアルと牛乳と果物」などで済ませることには、問題意識を持っていませんでした。

もし私に母仕込みの自炊能力がなかったら、さらに既製品に頼っていたはずなので、その場合、この歳まで生き延びることは不可能だったかもしれません。(その点では母に、微妙に感謝しています。)

つづく。

| | Comments (0)

Tuesday, 25 December 2007

近況と、地学と、大学の通信講座で地学を学べる話。

このブログ上には、管理人の仕事の話題が余り出てこない。

理由は、といえば、

これまで大体において法令順守や個人情報保護に厳しい職場にいたので、その習慣が抜けないからだと思う。

今の職場も同じようなものだから、このブログに仕事の詳しい話が出てこないのは、今後も変わりない。

==========

去年も感じたことだが、お陰様で最近は、調子が良い。勿論この数週間のように、祖父の死の真相を知ってヘコムようなハプニングだってある訳だが、去年よりも更に、立ち直りが早くなったような気がする。

仕事や勉強をしていて、『自分ってこんなに頭が良かったのか!』と、思うくらいだ。

(死にかけていた時期を含めて、他人からはだいたい「頭のいい人」以外の評価を得たことがないのだが、管理人はそういうどうでも良さげな人の評価は適当に受け流すことにしている。対自分比が、一番信用できると思うので。)

六法だの判例だのを小学一・二年生くらいの頃から読み慣れている自分の、過去の境遇や過去の努力に、感謝したくもなるし、

ギフテッドで良かったなあ、とも思う。

===全く話は飛ぶけれど、教育について===

その辺の子供が

「数学なんてべんきょーして、何の役に立つの?」「物理なんて何が面白いの?」「化学なんて何の役に立つの?」「どれも全然使わないじゃんよー」

と言っている様子や、理系離れが進んでいるというニュースを見聞きするたび、

地学を高校の必修科目に戻したほうが良いんじゃないか?と、思ったりします。

高校地学では、物理・化学・生物の三分野の知識を判りやすい形でおさらいするから、地学が必修だった親くらいの世代だと、「地学で物理と化学と生物の凄さに目覚めた!」という人は、多いんじゃないかな。

最近売れているらしい文庫版や新書版の『高校地学』のような本は、この世代がメインの読者に違いありません(断言)。

たとえば物理の一部で宇宙速度を学んでも関心を持てない人って多いらしいけれど、

ほぼ同じ内容を地学の一環として学ぶと、前後が宇宙の話ばかりでイメージが描きやすいせいか勉強しやすいし、感動する人も多いような気がします。

===今日のちょっと役に立つ豆知識===

大学の通信教育講座…というと文系のイメージが強いですが、世間には、理系の講座も存在します。

秋田大学工学資源学部通信教育講座

地学系だと

地球科学コース 一般地質学、資源と地球環境、地球化学、鉱物学、岩石学、鉱床学、エネルギー地質学、応用地質学、応用地球物理学、地震、火山

資源開発コース 一般地質学、資源開発工学概論、地殻開発工学、鉱物資源開発、地下環境、石油資源開発、海洋資源開発、輸送システム、資源処理工学、廃水処理

…科目名を眺めるだけで萌えというか、ときめきますよね。

一コースあたり34400円(教科書代込み)で、料金的にもお手ごろ。自分ももう少し余裕が出来たら、受けるかもしれません。

疫学もやりたいのですが、あれはさすがに、通信講座はないっぽいです(海外を探せばあるかな。)

医学系だの地質学だの疫学だのとフラフラしてる管理人が、じゃあ何をやりたいのか?というと、

それは内緒…というか、疫学的に問題のある地質とか、まあその辺だと思ってください。

こないだ海外の人畜共通疾患の論文を読んでいて、やはりそういう分野って有るんだな~と思いました。

| | Comments (0)

Sunday, 25 November 2007

硯について(微妙に地学)

昔6・7歳だった時分に、硯の良し悪しについて教えられた事を思い出したので、意味もなく書く。

意味が無いというか、今、手元に地学の豆テキストと「チャート式」と、争坐位文稿やら集字聖教序やらの手本が一緒にあって、幸せな気分なので。

********

硯の石には、石英や長石や雲母からなる卸し金のような構造があって(これの顕微鏡写真は非常に格好よい)、墨を磨る際には、この部分が、出来を左右する。

磨耗に耐える頑丈さと肌理の細やかさを併せ持つことは必須で、尚且つ美しい石の産地はさほど多くない。端渓などが珍重されるのは、これらの特性による。

墨の膠を残すような迂闊な扱いをすると、これが埋まってしまうので、手入れでは特に、洗浄に気をつけること。

********

…これを聞いた時分は「大人になったら良い硯を手に入れたい」と夢見たものだけれど、

あれから二十数年経ち大のおとなになった今でも、市販のお徳用墨汁の三合数百円のものを浪費しつつチラシ裏に書きなぐっている私は、硯を語れる立場にいません。

いつかなりたいものです。

■差し出がましいついでに、書道について素人ならではの感想■

もうしばらく漢文を書いて、筆の扱いの勘を取り戻したら、次は仮名文字に挑戦したいと思っていますが(仮名文字のほうが難易度が高い、という信条なので)、あまり好きと思える手本にめぐり合っていません。

藤原行成でさえ、かな文字よりも漢文のほうが出来が良く見えたりします。なぜだろう。

| | Comments (0)

Wednesday, 07 November 2007

Podcastの科学番組

すっかり時流に乗れない人間になってしまった自分だが、このニ三日つくづく、「Podcastというやつは本当に便利だな」と思っている。

一ヶ月くらい前からBBCラジオの"Documentary Archive"をMP3プレーヤーに入れて持ち歩いているのだが、この番組の主題は旧ユーゴ内戦の後日談やアフガン内戦の後日談などだ。この二十年世界情勢どころではなかった管理人には良い勉強になるにせよ、

故郷の老若男女が自国の(はずの)軍隊の手で虐殺されていく様子を、引きつった笑い混じりに思い出すお姉さんのインタビュー等

はやはり、心の洗濯にはならない。寧ろ、一昨年くらいまでの自分がこれに良く似た喋り方をしていたのを思い出して考え込んだりする。

さて、勿論BBCのPodCastにも科学番組はあるのだが

折角だから地学の英語番組はないかな、と探してみた所、地学は見つからなかったけれど、芋づる式にThe LancetNatureのPodcastにたどり着いた。

あまりに嬉しかったので、LancetとNatureからそれぞれダウンロードして、昨日の晩は寝ながら聴いた。

起きてからも聴いた。

着替えながら聴いて、イヤホンの線が千切れそうになった。

出勤の途中も、昼休みにも聴いていた。当然帰り道でも聴いた。

去年留学先で学んだことと、帰ってきてから新聞の科学記事などをチェックしていたことと、翻訳で触って覚えた知識とがあるお陰で、あまり理解に苦労しない。

時間があるときに、環境物理系の番組を探してみたい。

| | Comments (0)

Sunday, 28 October 2007

一年ぶりの理科漬け

小さい子が何かを好むときは、結局「○○って、良く分からんけど、物凄くカッコいいな~」というノリでいるのだと思います。

リクツは良く分からないのだが、とにかく、カッコよく見えて仕方ない。

余りにもカッコ良く思えて、世界の他のものが全て、色あせて見える。

誇張抜きで「三度の飯より好き」で、追求するためなら食事も睡眠も平気で抜ける、そんな感じ。

この情熱の対象の「○○」は、多くの子供にとっては”誰かどこかの人間”のようですが(特に女子)、なかにはプロスポーツ選手の動きに憧れる子供もいるし、管理人のように、理系の何かだったりする人もいる、ということでしょう。

最近、後学のために医学・薬学の翻訳にちらっと関わっているのですが、

この週末、管理人は、自分がこれらのテクニカルタームを弄っているだけで、寝食を忘れるくらい楽しめる人間だ、という事を思い出しました。この辺り、小さい頃と変わりません。

合間に工藤公康選手の真似をしてバランスボールとダンベルの併用で体軸を鍛えたりしていましたし、週末の料理も掃除も洗濯も一通り済ませましたが、少なくとも三食抜きで机の前に張り付いていたい衝動に駆られたのは、確か。(でも身体を動かしたほうが能率上がるんですよね。眠気も醒めますし。)

理解度は「理科好きの子供」と大差ないに違いありませんが(ここ大事。科学というより「理科」という感じ)、

自分が生き生きできるものから離れていては駄目だな、と改めて思いました。いちおうこの一年チマチマと理系の勉強を続けていたのですが、やはり「漬け」の時間は、一味も二味も違う。

来週の仕事に差し障るのも何なので、今日はこれからちょっと習字をやって、9時には寝ますが、この楽しさは忘れないでおこうと思います。

普通の人が6歳から20歳くらいまでに済ませる段階を、30半ばの今になってようやく一歩一歩進めるようになったのは、複雑な気分ですが、やはり嬉しいものです。

(職場の健診の結果がX線胸部写真を含めてオールOKだったこともあり、やや浮かれ気味。)

| | Comments (2)

Thursday, 21 June 2007

Quo vadis Domine?

自然科学系の学問を真面目にやると、ラテン語との遭遇を回避するのは殆ど不可能だ。

また学問をやる奴というのは当然のごとく好奇心と知識欲の塊なので

(注:教育ママゴンに追い立てられて高等教育機関に入った、気の毒なオーバーアチーバー組を除く)、

少なからぬ数が、この古代語の基礎知識程度は持っていたほうが良いらしいと考え、

Continue reading "Quo vadis Domine?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 26 October 2006

GABAとの拮抗作用など

以前、ドクウツギについての記事絡みで、その毒がGABAへの拮抗作用を持つ、ということを知って以来、ずっと頭の隅で考えていた件で小更新。こういう利用方法があるかもしれない、ということなのかもしれません。

参照:新宿溝口クリニック院長、溝口徹様のブログ

脳は、昼間見聞きした情報を、寝ている間にまとめて再処理します。脳の働きに必要な栄養素を欠けばその作業にも差し障りが出るでしょうから、悪夢を見やすくなるのは自然なことでしょうね。

ちなみに管理人は、ビタミンB類やナイアシン、あと亜鉛やマグネシウムなどをかなり浪費する体質のようで、ビタミン・ミネラルを欠く食生活をすると、間違いなく体調を崩します。

知能の高さ(と自分で言ってしまうと難だけれど)は、そういう微量な栄養素に支えられているんだと思います。統合失調症に苦しむ兄も、管理人と似た体質である確率は高いので、彼及び母には、かねてからこのような栄養面からのアプローチを勧めているのですが、今ひとつ耳を貸してもらえません。正直、治る気がない、のかもしれませんが…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 24 September 2006

山好き一族に生まれて&「探そうビルの化石」

デイリーポータルZに、札幌の街中で化石を探す記事が載っていた。

---------

管理人の父方にも母方にも、「なにかあると山に入って気分転換」という、すごいよマサルさんみたいな習慣があった。修行といえばやはり山さ。

わたし個人も、今週末は、セントラルオタゴ地方に行って、山だの丘だの清流だのを眺め、金色のハリエニシダの匂いで一杯の、春の空気を吸ってきたばかりだ。

先日記事の、父方の祖父は、大叔父の助力で高等小学校を出た後は、山で伐採した材木を、河の流れにのせて運ぶ仕事についた。やがては商家の入り婿になるわけだが、それでも山が好きで、よく通っていたらしい。

その行方不明の父親も、山に入っていた。もっとも、一攫千金を狙ってのことだが。

私の父は山も趣味で、大学に入るまえ、少し世間を離れて山に籠り、営林署のバイトをしていたこともある。

Continue reading "山好き一族に生まれて&「探そうビルの化石」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 14 August 2006

イラクはバスラ大学からの物理論文を見て

高校物理で習った原子構造より、かなり深いところまで踏み込んでいるファウンデーションコース・化学の授業。

現時点で、学校そのものは10日間の中休み中だが、今日の管理人は、先刻午後11時まで理学部図書館に出かけ、自習をしていた。今は、そこで娯楽代わりに読んだ、 "Journal of Physics B --Atomic,Molecular and Optical Physics" の最新号(Volume39 Number14 28July2006、とある)の中身を、自室に帰ってから、頭の中で反芻しているところだ。

私は、あまり要領の良い人間ではない。だから教科書の解説が、問題を単純化し過ぎているように思え、かえって混乱することが、昔も今も、頻繁にある。

そういう時は敢えて、難しい本を調べると、すっきり理解できる。因みにこれは、亡父が残してくれた、貴重な教訓だ。

「教師を、敵に回すけどな。奴らは、例え科学を教えていても、学問には、興味ねぇ生き物だから。」と、学校に関し、碌な思い出を持たない父は、付け加えた。(←教師の皆さん、大変失礼しました;)

------------

---高校物理の授業で、今さらK殻L殻M殻だのを覚えろと言われて、身の毛がよだった。別に予備知識が無くとも、全身が、まるで本能のように「……ありえない。」と拒否した。

父も私も、そのように、ともすると劣等生への瀬戸際を歩く生徒だった。

私たちにとっての救済とは、ゆとり教育の逆で、

例えば"K、L、M"の代わりに、"1s、2s,2p、3s,3p、4s、3d、”…等を覚えることだったのだ。よしんば受験に出てこない内容であっても、そのような周辺知識を固めることでしか、前に進めない。私と父の知能の高さに、代償があるとすれば、このような不器用さ、なのかもしれない。

--------------------

とはいえ、今のコースで普通に"1s、2s,2p、…"と学んでいても、今度は

楽しさで羽を伸ばしたくなる

のが管理人なりの人情だ。こういう時は、思う存分上のレベルに進んでも、もう学校から嫌われない環境に辿り着けたことが、心の底から嬉しい。

さて、上記ジャーナルの今号には、岐阜の研究所のマメな計算結果が載っていて、イオン化エネルギーについて昔から思う所の多い私は、興味深く読ませて頂いた。

とはいえ今号で、最大の興味をもったタイトルは、別に存在する。一題、日本人として目を惹かれる「Yukawa potential」という文字を見かけたので、詳しい内容を確認した所、

戦時下のイラクは、バスラ大学、理学部物理学科の、H.A.Kassim氏とN.S.Al-Maliky氏から寄せられた論文だった。

"Bound eigenstates in two dimensions for the superposition of the Coulomb and Yukawa potential by using the shifted 1/N method"

今の管理人が斜め読みした程度では、書いてあることの二割くらいしか分からないけれど、それでもこのお二人が、かなりな難題に挑み、相当キレイな答えを出したらしい、こと位は分かる。(悲しいかな、自パソで検証するなどの芸当は、当ブログ管理人の力量を大きく超えるのだが。)

確か、
英国の編集部あてに初めて原稿が届いたのが4月、その後の改定を経て、最終加筆が5月、とあったと思う。
電力はおろか、食糧までが供給不安定な戦時下に、これだけの思考と、それを裏付ける計算をやってのけ、

さらに見事な英語の論文に仕上げ、海外との交渉を経て、上梓するに至らしめる人材が、敢えて未だ残っている。それが、イラクという国の底力なのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 11 August 2006

日本刀の名誉回復をめざし、巷説をさくっと切ってみたい

最近わりと耳にする説に、「日本刀は数人切れば刃こぼれするし、脂が巻いて切れなくなる」とゆーのがあります。

どこかのテレビがご丁寧に、巻き藁をすぱっと何度か輪切りにして、「ほら切れなくなった」とかゆー実演をしていたり、することもあります。

人を切るのに、いちいち輪切りにする侍が、どこにいますか。

Continue reading "日本刀の名誉回復をめざし、巷説をさくっと切ってみたい"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧