« April 2008 | Main | July 2008 »

Wednesday, 04 June 2008

久しぶりに。

しばらくブログを更新しない間、仕事のほかは、主に勉強…というか修行をしていた(分野が特殊だし、座学じゃないので、勉強という言葉は似つかわしくない気がする)。

その間、ブログのコメント返し等について今後の方針を考えていた。

管理人は、熱心に話しかけてくる人の話については、相手が誰であれ、同じくらい熱心に聞く傾向がある。

加えて、相手がたとえ誰でも、尊敬する点の一つは見つけて、学ぼうとする習慣もある。

理由としては、自分がギフテッド(そして、わりと苦労人の部類)であることから、相手の知能の高低や人生経験の軽重や、あるいは善悪や好き嫌いを一々気にしては、学校生活も社会生活も送れなかったからだろう。

これまでの人生では、他人の話を傾聴することで目を開かされることが多かったし、人生において学ぶべきことが増えたりもした。つまりは、楽しかったのだ。

ただ最近になって、ブログのコメント返しについては、どうかな?と疑うようになった。

熱心にコメントしてくる人に対して一々しっかりと返答することは、どうも、自分の許容量を超えている。

-------------

私個人は、例えば友人というのは、数十年単位の時間を掛け、信頼関係を醸成しつつ、じっくりと作るものだと思っている。

というのも信頼関係というのは、お互いに生・老・病・死の掛かった修羅場の二つ三つでも乗り越えて、本性や行動パターンを見極めない限り、築けないものだからだ。

実際、かれこれ三十年や二十年タメ口でワイワイ話せるような関係の幼馴染たちでも、私にとっては親友ではなく、友人ですらなくて、単なる知り合いの域から昇格していない人々が、ほとんどだったりする。

(作ったことがないが、恋人とかは、もっとハードルが高い。)

残酷かも知れないが、大人というのは本来、そういうものだと思う。

とりわけ、こちらには人生の割と早い時期から守らなくてはならないものがあった都合上、致し方ない。

-------------

ちなみに、管理人にとって友情や愛情とは、「この御仁の為に死ねるとまでは言わんが、手足の一二本くらいなら、まぁ、危険に晒す価値があるかな」と思える人物に対して持つ感情だ。

手足の数も命の数も無限じゃない(し、痛い)以上、そうそう安易に友情の愛情のとは言いたくない。

そのためか、

コメントにしっかり返答したからとて、「俺・私って、ブログ主から個人的に興味や関心を持たれているんだ!友達になれるかも?」と誤解するらしい人々の思考回路には、困惑する。

もちろん、コメント欄であっても、私と長年交流していれば、いつか、友達になれるかもしれない。

たとえ十年以上盛り上がり続けても、友達にならない確率のほうが高いけれど(笑)

そういう可能性を踏まえて、以前とあるコメント人の「友達になれる可能性がゼロではないのでしょうか?」という問いに対し、マトモに「ゼロじゃないですが」的な答えを返したところ、これまた、誤解されたらしいことがある。

「いけ好かない奴だが、五十年くらいかければ茶飲み友達にでもなれるかもしれん」と思っていた私は、たいそう当惑したものだ。

繰り返すようだが、人間関係というのは本来、そういうものだろう。

あと、これは私の少々特殊な条件だが、

私にとっては「誰かを友達に格上げする」というのは、「特に用事がない限り、数ヶ月から数年は放置してOK」「五年や十年は一言も交わさなくても、平気な間柄になる」ということだ。

逆もまた然りで、数年の間連絡を絶っていても、再会と同時にアホ話で笑い合える人が居たら、私はその人物に、友情を感じるかもしれない。

---------------

管理人はこれからも当ブログのコメント欄を閉める心算はないが、あまり丁寧に応対しないことにしたので、悪しからずご了承頂ければありがたい。

相手が誰であろうと、人から間合いを詰められた時は詰められた分だけ下がりたいものだし、下がれないとしたら、気分が悪いので。

--------------

三和特殊鋼様のコメントへのお返事は、後ほど書きます。少々お待ちくださいね。

| | Comments (6)

« April 2008 | Main | July 2008 »