« February 2008 | Main | April 2008 »

Sunday, 23 March 2008

フォークランド紛争

数日前から何かにつけてフォークランド紛争のことを思い出すので、

少し調べてみたら、開戦が1985年3月19日だったのですね。

---

当時の私は11歳でした。

いくらフォークランド(マルビナス)諸島が、実質的にアルゼンチン国土の一部のようなもので、英本国からみた存在が耐えられないほど軽い、とは言え、

武力占領を行っても大丈夫だろうと考えた、アルゼンチンのガルティエリ大統領(当時)の思考停止ぶりに、誰もが唖然としていたことを覚えています。

---

英国領に侵攻した以上、まず、イギリスと戦うことは確実です。ついでに、中南米諸国を裏庭扱いしていたアメリカをも怒らせるのは、予測できたと思います。

この地域の性質上、市民のゲリラ活動には頼れませんので(義勇軍も来なさそうですし)、英米を敵に回して、あくまでも正規軍だけで戦わなくてはなりません。 ガルティエリ大統領も、工兵とはいえ中将なのだから分かっていたでしょうが、

アルゼンチンには、まったく勝ち目がありませんでした。

惨敗必至のこんな軍事作戦で、軍部独裁への民衆の不満を解消できると判断した同大統領の、マッチョの度が過ぎる判断や、

たとえ同国が、大戦前後のひとときに大国の仲間入りをしていたとはいえ、すでに零落し悪性インフレに苦しむ赤字国家になった自らの現実を認められない、盲目さに、

他国はだいたいどこも、唖然とするほかありませんでした。

----

これから厳冬を迎えようという極地に近い島に、深く考えずに送り込まれた兵士のなかには、凍傷で両手足その他を失ってダルマ状態になって帰ってくる人もいました。

そのニュースに、映画『ジョニーは戦場へ行った(※)』のような生を強いられる人が現実にいる、ということを、改めて思い知らされたりもしました。

ともあれこの事件は、管理人にとっては、「人間はこれほど愚かになりうるのだ。多分、私自身を含めて。」と思い知らされた、記念碑的な出来事の一つです。

------

(※) 映画『ジョニーは戦場へ行った』:

個人的には、Metallica"One"のプロモを通してしか知りませんが、この映画の何たるかが簡潔にまとめられている作品だと思います。

ちなみに"One"は、10代の頃の自分を励ましてくれた曲です。気分は歌詞そのもので最悪に近くても、「自分にはまだ、手も足も目も鼻も口もあるのだから、這いずってでも前に進まなきゃな。」と思い直すために、よく聴いてました。

| | Comments (0)

Saturday, 22 March 2008

大人になって良かったと思うこと

管理人は、考えてみると身辺の記事を書くのが苦手です。

良い出来事も悪い出来事も大抵、一年以上経たないと、書く気が起きなかったりします。

-------------

一年と少し前、年末年始休暇のつもりで留学先から帰ってきた当時、管理人はアルバイトをしつつ、母の暮らす実家で寝起きしていました。

ちなみにここニ・三年、私の母は、

まるで少女時代をやり直すかのように、夜中の三時・四時までヘッドホンも使わずに、ドラマやら映画やら音楽やらをガンガンと楽しむ生活を送っています。

生まれてこのかた私に母が向けた表情としては、苦虫を噛み潰したような渋面やモノノケに憑かれたような笑顔しか思い出せない管理人としては(※)、

母の楽しそうな様子を見られたこと自体は、嬉しかったですね。

-------

母の騒音は、「大」音量というほどではないかもしれませんが、

実家は上下階の廊下が回遊式になっており、それを吹き抜けが二箇所でつなぐ開放的なデザインなので、内部には音が響きます。

私は徐々に睡眠不足になっていきました。

そのため私は、

・「私は朝から仕事なのだから、せめて真夜中以降はヘッドホンを使ってくれないか」とか「三時四時や五時まで歩き回らないでくれないか、気になるから」と頼んだのですが、

→何十回頼んでも、ほとんど聞こえないフリをされ、

・「睡眠不足が慢性化すると仕事に差し障るし、心にも身体にも悪い」と理由を挙げて頼めば、

→「身体や心が完ぺきに壊れちゃえば、一生働かないで食べていけるよ?いいじゃん仕事なんか。やんなくても。」と、真顔で冷静に、

たいへん曇りのない表情で言われ(さすが母)、

・じゃあ仕方ない、と声を荒げてしまう

→逆ギレされて夜中の三時四時まで正座させられ、物で殴られたり、

「明日仕事だから、寝ます。」とベッドに入っても、寝室に押し入ってきて殴られたり蹴られたり物を投げつけられたりで、

顔にアザを作った状態で出勤したり、首の古傷にもっかい挫傷を負って職を失い、病院に掛かったり、留学を諦めて仕事を探す破目に陥ったり……という、

わりと大変な毎日でした。

留学については、これほど危なっかしい母から資金を借りて続けるよりも、母自身の老後に備えて一円でも多く残させるべきだ、とも考えて継続を諦めたのですが、

ニュージーランドの学友や先生たちや、武術教室の皆に会えなくなったことや、彼らとの約束を果たせなくなったことは、辛かったですね。

まあ、こちらとしても、母が元々そういう人であるという厳粛な事実を忘れてしまった自分の判断ミスが招いた苦境だと思ったので、ブログにグチを書く気は、全く起きませんでした。

当時(2007年1月前後)のブログには、ほとんどそれらしい記事は出てきません。

考えてみれば、今の一人暮らしの部屋のような、「眠りたいときに安心して眠れる環境」というのは、管理人が幼かったころには存在しなかったし、

子供だった以上、自力では、願うことすらできませんでした。

それが、今は手に入るわけです。自分の力で。

大人って良いな、と、つくづく思います。

(※追記: こども時代でも、一応、母の普通っぽい笑顔を見たことはあります。しかし経験上では、たとえていうと台風の最中に現れた晴れ間が恐らく台風の目であるように、ここからが地獄の一丁目。って感じに暗転するので、結局、楽しい思い出ではありません。)

| | Comments (4)

Thursday, 20 March 2008

サンタフェで庭園で丘。

最近のニュースから、コネタの連想。

東京都が防潮堤の外側に建ててしまった福祉施設「サンタフェガーデンヒルズ」。

・「サンタフェ」。東京で、米国南西部ニューメキシコ州州都ですか。

・「ガーデン」。これはまあ許せるとしても、

・「ヒルズ」。海抜0m地帯で、「丘」ですか。

-----

そこから、

以前に本で読んだ、戦後まもない頃の大災害についてのルポにあった、当時の社会のこんな図式を思い出しました。

高台 (水害が来ても安心)= 大工場敷地や富裕層の宅地 

低地 (水害が来たら死ぬかも)= 町工場や庶民の居住地 

そういうふうに、私の親が子供だった時代の日本は、まだ、一度の巨大台風で千人単位の人が死ぬような国でした。それでも、やがて経済成長と共に防潮堤のような防災インフラが整えられ、

そのお陰で、現在の安全な生活があるわけですよね。

今回は、その防潮堤の外に住まわせるわけです。

おじいちゃんおばあちゃんを。

-----

ここまでで気が滅入ってきたので、連想を音楽ネタに向けました。

(注:以下、リンク先、音が出ます。)

私にとって「サンタフェ」といえば何より先に思い出されるのは、ジョン・ボン・ジョヴィのソロ「Blaze of Glory」の名曲「Santa Fe」です。

1992年のアメリカが、まだ、こういう曲を「歌詞が不信心」と言ってシングル化しないような国だったことも思い出しつつ

(注:精霊や幽霊や悪魔のような、キリスト教的に良からぬモノが出てくるので。)

YouTubeで探して聴き入り、

「今の世の中は、この曲の歌詞そのもの」「私にとっては、魂や生活を満たしてくれたのみならず、天命まで導いてくれたかもしれない曲です」って感じのコメント群に、「私の外にもそう思ってた人がいるんだ」と思いつつ、

そこで「ユニバーサル」が宣伝映像を配信しているのに気づき、同アルバムの同じくらい好きだった「Dyin' Ain't Much Of A Livin'」の公式動画を見つけて、

10代の自分って、このビデオみたいな気分だったな。思えば遠くへ来た。」

…と感慨にふけったりしました。

| | Comments (0)

Sunday, 16 March 2008

狐と踊れ

注:神林長平さんの同名の本とは関係ない内容です。

-----------------

小学生の頃、何かにつけて憑き物めいた振舞いをする母に振り回されながら、

管理人が幼心に考えたのが、「民俗学なんかの本に出てくる『狐憑き』とは、こういう状態だろうな」ということだ。

Continue reading "狐と踊れ"

| | Comments (8)

Thursday, 13 March 2008

ギフテッドとして知的欲求の誘爆を避けるコツ

最近身について良かったと思う習慣の一つに、

「思考が逸れそうになったときは、何に逸れそうになったのか、メモに残す。書き留めたら本筋の仕事に戻る」「書き留めたことは、空き時間が出来た時にやってみる」という習慣があります。

俗にギフテッドの思考は地雷原と呼ばれるほどで、日常のいたる所で知識欲の爆発を起こします。

下手をすると、ふとした刺激から次々と誘爆に似た状態に陥り、手が付けられなくなったりします。管理人も、例外ではありません。

Continue reading "ギフテッドとして知的欲求の誘爆を避けるコツ"

| | Comments (9)

Monday, 10 March 2008

東京大空襲

今朝の寝覚め、両国の江戸東京博物館の夢を見ました。

夢の中の私は、空襲の展示物の前にいて、マグネシウム焼夷弾がどうの、集束焼夷弾がこうの、と、人に説明していたのですが(自分でも嫌な知識を持っていると思います)、

珍しい夢を見るものだと思いながら目を覚まし、ニュースを読んでいて、今日3月10日とは、東京大空襲があった日なのだと知りました。

Continue reading "東京大空襲"

| | Comments (0)

Sunday, 09 March 2008

眠らせてくれ

今日一日、深いことばかり考えていたので、あえて軽い話題で。

最近の管理人が心がけていることに、

「とにかく、意識して、充分な睡眠を確保する」ということがあります。

いいじゃないですか、

明日につながる今日くらい。

(瞬間芸的なギャグを飛ばしたつもり)

| | Comments (2)

Wednesday, 05 March 2008

出戻ったVo.

ほんとに人畜無害な小ネタを書いてみよう。

先日街でふと聴いた、昔のディープ・パープルのライブ盤。

ジョン・ロードが正に鍵盤の神だったと書いたアレです)

ブラックモア御大のギターはいつも通りとしても、ボーカルが特筆に値する出来だったのですが、その時は

「ああこの声って、何か一回大喧嘩して出てって、出戻った人だよな」

…と思ったきり、名前までは思い出せませんでした。

そもそも、「大喧嘩して出て行った巧いボーカル」という手がかりだけでは、人物が特定できないバンドです。

昨日ようやく思い出したのですが、あれはイアン・ギランでした。曲もギラン在籍時代のシングル、「パーフェクト・ストレンジャーズ」でしたし。

特に大ファンだった訳ではないバンドについて、こうやって色々思い出したりできるのは、ギフテッドである余禄かも知れませんね。

(3/5 21時 ギランさんが出て行ったのは一度じゃないことを知り、適宜修正しました。調べてから書こうよ自分。)

| | Comments (0)

Tuesday, 04 March 2008

取り扱い説明書メーカー

にはとり様から嬉しいコメントを頂いたのですが、何だか上手に言葉が出てこなくて、済みませんが少々お待ち下さい。

その間、他愛ない話を。

取り扱い説明書メーカー というものを見つけたので戯れにやってみました。(忘道となっている部分は、管理人の本名を入れた箇所です。)

=============================================

忘道さんをご使用する際には以下のことに気を付けて下さい。
・女性を近づけてはいけません。
・男性を近づけてはいけません。
・ごくまれに、数秒間ほど反応がなくなることがありますが、仕様です。

--------------------------------------------------

また忘道さんを以下の場所でご使用にならないよう気を付けて下さい。
・汚いところ

--------------------------------------------------

忘道さんが故障かな?と思われる場合は以下のことを試してみて下さい。
・ネコを与えてみて下さい。

--------------------------------------------------

それでも忘道さんが正常に動作しない場合は。
・電池が入っていない可能性が高いです。

=============================================

【まとめ】

管理人の動作不良は、ネコを与えれば大抵、解消できるようです。あと、時々反応が無くなるのは、仕様だそうです。

| | Comments (0)

Sunday, 02 March 2008

プロフィール用に50の質問

「人生で大切なもの」を見つけたような気がする、最近の管理人。

大切なものは全て必ず破壊される人生を送ってきた私としては、限りなく口が重くなっていて、どうにも詳しく書けませんが。

ともあれ、随分長いこと更新が途絶えているので、近況報告を兼ねて、無難に「質問」系で行ってみます。

『プロフィール用に50の質問』

以下からお借りしました。

サイト名『期間限定』 管理人/志堂佐和様
http://www.geocities.jp/one32l/index.html

=========================================

Continue reading "プロフィール用に50の質問"

| | Comments (3)

« February 2008 | Main | April 2008 »