« 元気そうな母 | Main | 卒意と言うこと »

Friday, 28 December 2007

ロータリー

管理人がロータリーエンジン好きだった小さい頃

ご近所その他の周囲の大人たちは、

マツダとかメルセデスとかポルシェのロータリーエンジン車にロータリークラブのステッカーを貼っていたので、幼心に大変紛らわしく、

当時の私は「ロータリークラブというのは、ロータリーエンジン愛好家の集いか、あるいはカーマニアの集いで、もののついでに慈善活動をするのだろう」と誤解していました。

まあ、マークだって車輪っぽいですし(言いのがれ)。

ギフテッドと言っても小さいうちは世間知が無いので、そんな風にお馬鹿な事を考えます。小さい子供が、よく、プリンスホテルとプリンを関連付けて考えるようなものですね。

ちなみに上記の記事のおばさんの一件は、マツダRX-7がまだ出回っていない頃の話なので、管理人が四歳以下だったことだけは確か。

|

« 元気そうな母 | Main | 卒意と言うこと »

Comments

The comments to this entry are closed.