« October 2007 | Main | December 2007 »

Sunday, 25 November 2007

硯について(微妙に地学)

昔6・7歳だった時分に、硯の良し悪しについて教えられた事を思い出したので、意味もなく書く。

意味が無いというか、今、手元に地学の豆テキストと「チャート式」と、争坐位文稿やら集字聖教序やらの手本が一緒にあって、幸せな気分なので。

********

硯の石には、石英や長石や雲母からなる卸し金のような構造があって(これの顕微鏡写真は非常に格好よい)、墨を磨る際には、この部分が、出来を左右する。

磨耗に耐える頑丈さと肌理の細やかさを併せ持つことは必須で、尚且つ美しい石の産地はさほど多くない。端渓などが珍重されるのは、これらの特性による。

墨の膠を残すような迂闊な扱いをすると、これが埋まってしまうので、手入れでは特に、洗浄に気をつけること。

********

…これを聞いた時分は「大人になったら良い硯を手に入れたい」と夢見たものだけれど、

あれから二十数年経ち大のおとなになった今でも、市販のお徳用墨汁の三合数百円のものを浪費しつつチラシ裏に書きなぐっている私は、硯を語れる立場にいません。

いつかなりたいものです。

■差し出がましいついでに、書道について素人ならではの感想■

もうしばらく漢文を書いて、筆の扱いの勘を取り戻したら、次は仮名文字に挑戦したいと思っていますが(仮名文字のほうが難易度が高い、という信条なので)、あまり好きと思える手本にめぐり合っていません。

藤原行成でさえ、かな文字よりも漢文のほうが出来が良く見えたりします。なぜだろう。

| | Comments (0)

Tuesday, 20 November 2007

ギフテッド&成功回避

…という検索ワードで当サイトに来た方がいらっしゃるらしいので、一応ギフテッドな母について書いてみる。

第一次ベビーブーム世代に生まれた彼女は、前にも書いたが、かつての全国学力テストで300万人くらいの同学年のうちで一位を獲った(全科目満点)。それにも関わらず本人は「あたしバカだから、大学に行こうなんて考えたことないもん。」程度の自己評価しかしていない。

ある日の管理人が「いや、少なくともテスト勉強には向いていたわけでしょう。」と訊いたところ、母は

「でもさー(不満そうに)。テスト結果が戻ってきた日にね、『みなさんも頑張れば、○田さん(←母)のようになれます』って、クラスで、せんせいがいってたよ。それはつまり、みんながそういう点数を取らなかったってことは、

みんなが頑張らなかった、ってことでしょ?」

と言った。

「いや、その300万人の中には、それこそ幼稚園に上がる前から家庭教師をつけて一日数時間勉強しているような人や、今現在、有名な学者になっている人もいたわけでしょう。」と私が押してみても、

「でも先生がそう言ってたんだよ?先生が嘘言うはずないもん。だからあたしが頭がいいわけじゃないもん」と譲らなかった。

今にして思うのだが、こういう親をなんとか説得して成績相応の進路に進もうというのは、ギフテッドによくある成功回避以前のハンデだったと思う。

| | Comments (2)

Thursday, 15 November 2007

案外、見ている人は見ている

以下、オカルトネタ注意。

=====

小さい頃に「のれんに腕押し」「ぬかに釘」「あまのじゃく」などの用語を覚えた時、身近な例文を考えながら、どうしても母親の顔が浮かんで消えず、困った管理人。

母は今でものれんに腕押しな人だが、困ったさん度は遥かにマシになっている。というわけであっさりと、例の先生の話の続編を書こうと思う。まずは昨年の管理人と母の会話の一部復元から。

母@日本「でも先生はどうして肝炎に罹ったの?輸血とか、今話題の薬害とか?」

Continue reading "案外、見ている人は見ている"

| | Comments (0)

Monday, 12 November 2007

ちょっとホラーな幼少期(実話)

先生の話に入る前に、ちょっと前置きをば。

管理人は割とオカルトネタを書いている割にオカルトが嫌いだが、そうなるまでには、それなりの経緯があるので、

今日はその経緯の初めの部分に、ちらっと触れておこうと思う。

Continue reading "ちょっとホラーな幼少期(実話)"

| | Comments (0)

Friday, 09 November 2007

余計な事を言ったのは誰だろう

去年の例の先生の件について、当初、管理人は必要最低限の情報だけを母に伝えて、それで済ませるつもりでいた。「あとは、お母さん一人でケリをつけてくれないか」と、頼みながら。

なにせ当時は海外の学校にいて、論文やら学年末テストやらが目白押しだったし、武術も楽しかったし、

長年のあいだに不調が慢性化していた自分を見つめ直して、乗り越えるべき課題を山ほど見つけたし、

母の悪さの度に、いつまでも私が後始末をするようでは、良くないと思ったので。

=====

その「先生」に関しては、

私がまだ幼かった頃の母が明らかにそうだったように、世間には、少し難しい本を読んだり、少しどこかの名刹に参籠したりした程度で「自分は密教を極めた」とか言い張るイタイ人は山ほどいるので、

一々気にしたら生きていけない、と思っている。

加えて、彼らの大半は、人生が泥沼に嵌ったせいで怪しげなワザに逃避しているに過ぎないから、

私は、そういう心弱りした人を、進んで叩くほど悪趣味ではない。

そんなことよりも、誰にでも成果が分かりやすい学力や武術で評価を勝ち取って、皆からほめ称えられた方が、楽しいに決まっている。昔も今も、そう思う。

=====

しかし母が去年選択したのは、

(1) 私が教えた内容を楽しく聞いた後で、

(2) ほぼ全てを地球の裏側にいた私に丸投げし、

(3) 自分は先生と同じ街に住みながら、何もしないことだった。

まあ、この人には常のことなので、

それだけならまだ良いが、

母は先日、私から聞いた内容を元に、先生の心の傷をえぐってきた。

至極たのしそうに。

母は、お茶やお花やお菓子などの話をしている分には機知に富んだ楽しい話し相手なので、気が付くといつの間にか、そういう人だということを忘れてしまう。

考えてみれば母は、例の近所のおばさんが飛び降りた時もキャッキャと嬉しそうだったし、

以前、自身の高校時代からの親友が行方不明になったという報せが届いた際も、同じ様に、純粋に嬉しそうにしていた人だった。そういう人を相手に、毎度毎度油断してしまう私も、どうかしていると思うが。

ちなみにこの母の親友は、先日会った叔母とも40年来の昔馴染で、

叔母は母と違い、私が失踪の報せを伝えたあとは、数日か数週間、明らかに落ち込んでいた。考えてみれば、これがノーマルな反応なのだと思う。

叔母によれば、数年前、この失踪の直前と思われる時期に、彼女から電話があったという。叔母の記憶では、彼女は電話口で「Kちゃん(管理人の母)に酷いことを言われた」と泣きじゃくっており

--一応この人は実業家で、かなりの女丈夫だったはずだが--

以来連絡が途絶えており、気になっていたそうだ。

| | Comments (2)

Wednesday, 07 November 2007

Podcastの科学番組

すっかり時流に乗れない人間になってしまった自分だが、このニ三日つくづく、「Podcastというやつは本当に便利だな」と思っている。

一ヶ月くらい前からBBCラジオの"Documentary Archive"をMP3プレーヤーに入れて持ち歩いているのだが、この番組の主題は旧ユーゴ内戦の後日談やアフガン内戦の後日談などだ。この二十年世界情勢どころではなかった管理人には良い勉強になるにせよ、

故郷の老若男女が自国の(はずの)軍隊の手で虐殺されていく様子を、引きつった笑い混じりに思い出すお姉さんのインタビュー等

はやはり、心の洗濯にはならない。寧ろ、一昨年くらいまでの自分がこれに良く似た喋り方をしていたのを思い出して考え込んだりする。

さて、勿論BBCのPodCastにも科学番組はあるのだが

折角だから地学の英語番組はないかな、と探してみた所、地学は見つからなかったけれど、芋づる式にThe LancetNatureのPodcastにたどり着いた。

あまりに嬉しかったので、LancetとNatureからそれぞれダウンロードして、昨日の晩は寝ながら聴いた。

起きてからも聴いた。

着替えながら聴いて、イヤホンの線が千切れそうになった。

出勤の途中も、昼休みにも聴いていた。当然帰り道でも聴いた。

去年留学先で学んだことと、帰ってきてから新聞の科学記事などをチェックしていたことと、翻訳で触って覚えた知識とがあるお陰で、あまり理解に苦労しない。

時間があるときに、環境物理系の番組を探してみたい。

| | Comments (0)

Tuesday, 06 November 2007

暖房と乾燥の季節になり

すっかり暖房と乾燥の季節になったこの頃。

同僚の女性陣の「お肌が乾燥するよね」とか「暖房が当たって顔がガビガビになってる」とか「風呂上りに化粧品をつけずにいるとガサガサになるのよ~」とかいう会話だの、

はては男性陣までがこっそりとリップクリームを塗っている様子を見聞きする度、

普通の人って大変だなあと思う。

そういう経験が皆無の管理人としては、どういう不摂生をしたらそこまで不健康な皮膚になるのか不思議に思うし、

あの人たちは皮膚が不健康な割に中身だけは健康なのか、それとも体内感覚が鈍くて異変に気づかないだけのか、それはともかく元気そうでいいなあ、などと、複雑な気分になる。

| | Comments (0)

Sunday, 04 November 2007

誘拐されるわけでもないのに

先日、叔母の一人と会った。

私自身とこの叔母との仲は元々良いのだが、母は彼女らと絶縁状態だし、

特に今年は、この叔母の嫁ぎ先へ養子に来ないかという話もあったので(一応断ったが)、会う前日から少し、緊張していた。

別に誘拐されるわけでもないのに。

| | Comments (2)

Thursday, 01 November 2007

自分を育て直したり鍛えたり

去年あたり、トレッドミルでならば毎朝10kmくらいは走れる状態まで鍛えた管理人ですが、今現在は、たとえトレッドミル上でも3~4km程度しか走れない状態に落ちていると思います。アスファルト上で無理に走ったら、それこそ、膝などを痛めそう。

左右の脚の柔軟性は均等になってきたけれど、右脚の筋力は、まだまだ左に追いついていません。それでもまあ、駆け足で膝行をすると一足ごとに右膝がバキバキ言う、という情けない状態よりは、随分マシになりましたが。

仕方ないので、握力をつけたり、上腕三頭筋について考えたメニューをこなしたり、これまで同様に体軸を鍛えたりしています。

足に負担を掛けずにどうやって体軸を鍛えるか考えた末に、自宅では9月下旬からバランスボール(出来るだけ固く膨らませたもの)を椅子代わりにしていますが、これは中々良いようです。仕事のほかに自宅でも平日4~5時間、休日14~15時間は机に向かっているので、意識せずに鍛えられている感じがします。

バランスボール導入から一ヶ月経ち、

今朝久しぶりにやった馬歩で、上体が安定していることに驚いたりしました。

ゆっくりとした変化ですが、勉強にしても鍛錬にしても、少年漫画やゲームじゃないんですから、そう素早く強くなんて成長しませんって。

=======

余談ですが、かつての管理人のような子供の場合、「強制収容所や人柱の悪夢を頻繁に見る」というのは、良くある事らしいです。

そのほか物心付く前から、強制収容所やデスマーチを生き延びた人の話を聞いたりする度に自分の毎日と重ね合わせ、「私もこの人たちのように諦めずに頑張って、この苦境から脱け出そう」と勇気付けられたものですが、

ギフテッドであろうとなかろうと、小さい子供は普通そんなことを考えない…という現実に、つい何日か前、本を読んでいて気が付きました。

そもそも普通の子供時代がどんなものか知らないので、あくまで推測ですが。

======

<<管理人の、今日のちょっと役に立つ「生きるヒント」>>

子供を壊す親というのは文化や貧富を問わず案外沢山いて、不幸にしてそういう親の元に産まれてしまった子供は自分で自分を育て直さないと生きていくのが難しいですが、

かなり気をつけていないと、「破壊的な親」そっくりの思考回路で自分を育て直そうとしてしまいます。

ふと気が付くと、

『熱が38度9分で体が辛い?めまいや吐き気がする?甘えたこと言ってないでとっとと仕事行けよ自分。バーカ。』とか、『身体が辛いから病院行きたい?これしきでムダ遣いして良い筈ないだろう自分。このゴクツブシの人間のクズが!』とか『この数ヶ月三時間しか寝てない?連日三時間も寝てれば充分だろ自分。疲れたとか言ってんじゃーよクズ、いっそ死ね

とか、事あるごとに、心の中で自分を罵倒していたりしませんか?ちょうど幼い頃の自分が、親から罵倒されたように(笑)

子供時代の柔らかい心に、信頼する親から「これこそが常識だ」と刷り込まれた思考って、条件反射のように飛び出してきますし、意識して打ち消さないと消えません。

なにより、そのままでは、生きているだけで無駄に疲れます。

そういう時は、(認めたくないですが)世の中には自分の親よりずっと親業が上手な人が沢山いることを思い出し、彼らならどう言うか、考えてみましょう。

管理人、普通の親のことは良く知らないので想像するしかありませんが、多分「人は身体が資本なんだから、目先のことより健康を考えようよ」とか、言うと思います。

| | Comments (7)

« October 2007 | Main | December 2007 »