Saturday, 05 July 2008

なかなかウダツが上がらない人・列伝

中学二年の終わりの頃、そろそろ将来の進路を決めるべしという時、管理人は一旦職に就くことを考えました。先生たちに相談したところ、「実際問題として就職先がない」という事で、諦めざるを得ませんでしたが。

当時、十四才と半。実家を脱出できる十八才までは、まだまだ、三年半以上を要します。三年半…と一口に言っても、当時の私からみると、それまで生きた年月の五分の一以上に当たります。主観的には耐え難いほど長い。

以前書いたとおり、管理人の両親は、結婚前から生ける屍みたいな人たちだった、っていうか情緒的な問題を抱えていた人ですが、

その頃の父は、その前の年に癌で死の淵を覗いて以来、何とか前向きに暮らし始めていました。ただし、まだまだ自分自身の世話だけで精一杯という感じで、妻子を構う余裕は、明らかに、無かった。

かつて虚無主義的だったが故に茫洋としていた父が人並みに苦労する様子に、「まるで荘子の、目と耳と鼻と口を穿たれた混沌(※)のようだなあ。」と思ったことを覚えています。

母は当時すでに、実家の身内ほぼ全員とケンカ別れしており、時々職についても、毎回人間関係のトラブルで辞めるような、危うい人でした。

家族を含めて全ての人間を嫌悪していた母は、父が真面目になっても、当然の権利のように軽蔑し続けていました。

兄については、「あの子が生まれたとき、あたし、全然嬉しくなかったんだ」と陰で私に言いながらも、表面だけは、過干渉気味の溺愛を向けていました。

私については、絶縁した身内の姿を重ね合わせて、命がけで否定している、という感じでした。「学問好きな点は祖父そっくりで嫌い」「家事の手伝い方が○○伯母さんにそっくりで嫌い」「お前がお父さんの靴を磨いたりスーツの手入れをしたり車を洗ったりする気遣いも嫌い」「部活や習い事をやりたいと言ったり、楽しそうに気分転換などをする様子が、△△叔母さんに似ていて嫌い」

とにかく最低だ、死ね、と言う感じで。

じゃあどうすれば良いんだ?と思いますが、

小さい頃の、今にも自殺しそうだった母の思い出がある私としては、まじめーに応えるしかありませんでした。

母は愛情こそ皆無な人ですが、なにせ身長150cmちょっとで細っこくて、無垢な笑顔が可愛くて、猫っ毛のゆるふわ天然パーマでお洒落で趣味の良い、知性溢れる女性だったので、人生を諦めて生きて良いとは思えなかった。

そういうふわーっとした人だから、真面目に憎む気分にもなれませんし。

例えば私に向かって「ヒトを一人自殺に追い込むのなんて、簡単なんだからね?」とかいう言葉を自然に掛けてくるセンスも、そのお洒落な生き様の一部か?と思えるくらいでした。

(内向しがちだった怒りを外に表せるようになった母は、その分、快方に近づいてたって事なので、ちょっと嬉しかった覚えもあります。)

ただ、親戚の助けが望めないのは勿論、父や兄や友人は足手まといという孤立状態だったので、ストレスは一入でしたけれど。

家を出ることを諦めた管理人は、頭の中で二つの選択肢を天秤にかけました。

今から遠くで働いて小金を貯めて身を起こし、自由を手に入れるまでの年月の長さと、このまま十八まで親元で過ごして、心身が壊れてから回復できるまでの年月の長さは、大差ないだろう。

そう思うと、少しは納得できました。

それでも私は明らかに落胆していたのか、ある日に国語の先生と漢籍について雑談をしていたとき、史記に出てくる人物に喩えた励ましを頂いたことがあります。

周の太公望は妻の馬千金に不遇な日々を軽蔑されて過ごしたけれど、決して諦めずに己を磨き、大器晩成の形で志を果たした。

秦の張儀のような知性を身につければ、たとえ叩きのめされようが、舌さえあれば生きて行ける……というような。

スケールの大きい励ましに嬉しさを感じるよりも、「長年ウダツが上がらずに、配偶者にまで軽蔑され続けた人々と同じような歳月が、この先に待っているのかー。」と覚悟させられ、苦笑した記憶があります。

最近、陰陽道等を久しぶりにやったり(これだけ真面目にやるのは多分、その頃以来ですね。つまり二十年ぶりか)、

普通の稼業でも攻めの段階に入ったりしながら、ふと、そういう昔を思い出します。

(※)混沌=渾沌とも。当時読んでいた荘子 「応帝王篇」より。

| | Comments (6)

Wednesday, 04 June 2008

久しぶりに。

しばらくブログを更新しない間、仕事のほかは、主に勉強…というか修行をしていた(分野が特殊だし、座学じゃないので、勉強という言葉は似つかわしくない気がする)。

その間、ブログのコメント返し等について今後の方針を考えていた。

管理人は、熱心に話しかけてくる人の話については、相手が誰であれ、同じくらい熱心に聞く傾向がある。

加えて、相手がたとえ誰でも、尊敬する点の一つは見つけて、学ぼうとする習慣もある。

理由としては、自分がギフテッド(そして、わりと苦労人の部類)であることから、相手の知能の高低や人生経験の軽重や、あるいは善悪や好き嫌いを一々気にしては、学校生活も社会生活も送れなかったからだろう。

これまでの人生では、他人の話を傾聴することで目を開かされることが多かったし、人生において学ぶべきことが増えたりもした。つまりは、楽しかったのだ。

ただ最近になって、ブログのコメント返しについては、どうかな?と疑うようになった。

熱心にコメントしてくる人に対して一々しっかりと返答することは、どうも、自分の許容量を超えている。

-------------

私個人は、例えば友人というのは、数十年単位の時間を掛け、信頼関係を醸成しつつ、じっくりと作るものだと思っている。

というのも信頼関係というのは、お互いに生・老・病・死の掛かった修羅場の二つ三つでも乗り越えて、本性や行動パターンを見極めない限り、築けないものだからだ。

実際、かれこれ三十年や二十年タメ口でワイワイ話せるような関係の幼馴染たちでも、私にとっては親友ではなく、友人ですらなくて、単なる知り合いの域から昇格していない人々が、ほとんどだったりする。

(作ったことがないが、恋人とかは、もっとハードルが高い。)

残酷かも知れないが、大人というのは本来、そういうものだと思う。

とりわけ、こちらには人生の割と早い時期から守らなくてはならないものがあった都合上、致し方ない。

-------------

ちなみに、管理人にとって友情や愛情とは、「この御仁の為に死ねるとまでは言わんが、手足の一二本くらいなら、まぁ、危険に晒す価値があるかな」と思える人物に対して持つ感情だ。

手足の数も命の数も無限じゃない(し、痛い)以上、そうそう安易に友情の愛情のとは言いたくない。

そのためか、

コメントにしっかり返答したからとて、「俺・私って、ブログ主から個人的に興味や関心を持たれているんだ!友達になれるかも?」と誤解するらしい人々の思考回路には、困惑する。

もちろん、コメント欄であっても、私と長年交流していれば、いつか、友達になれるかもしれない。

たとえ十年以上盛り上がり続けても、友達にならない確率のほうが高いけれど(笑)

そういう可能性を踏まえて、以前とあるコメント人の「友達になれる可能性がゼロではないのでしょうか?」という問いに対し、マトモに「ゼロじゃないですが」的な答えを返したところ、これまた、誤解されたらしいことがある。

「いけ好かない奴だが、五十年くらいかければ茶飲み友達にでもなれるかもしれん」と思っていた私は、たいそう当惑したものだ。

繰り返すようだが、人間関係というのは本来、そういうものだろう。

あと、これは私の少々特殊な条件だが、

私にとっては「誰かを友達に格上げする」というのは、「特に用事がない限り、数ヶ月から数年は放置してOK」「五年や十年は一言も交わさなくても、平気な間柄になる」ということだ。

逆もまた然りで、数年の間連絡を絶っていても、再会と同時にアホ話で笑い合える人が居たら、私はその人物に、友情を感じるかもしれない。

---------------

管理人はこれからも当ブログのコメント欄を閉める心算はないが、あまり丁寧に応対しないことにしたので、悪しからずご了承頂ければありがたい。

相手が誰であろうと、人から間合いを詰められた時は詰められた分だけ下がりたいものだし、下がれないとしたら、気分が悪いので。

--------------

三和特殊鋼様のコメントへのお返事は、後ほど書きます。少々お待ちくださいね。

| | Comments (6)

Tuesday, 22 April 2008

テレビを見ないこと

巷に溢れる「ストレス対策」の読み物に、よく、「しばらくの間、テレビ無しで過ごす」ということが書かれています。

実際のテレビには良い番組もあるのですが、酷いものを見かけてしまったときは半端じゃなく滅入るので、私には、確かに危険な存在です。

あれを観て滅入らない人というのは、全ては自分とは関係ない世界の出来事だと信じているに違いない、とさえ思えるほどです。

例えば、何かにつけて「だまされた」と糾弾する割に、だまされやすい自分たちについて考えてみる様子は、一向に見えなかったりします。

犯罪報道についても、ああまでエンターテイメント扱いをするのは、それで気分がスッキリする視聴者がいるからで、つまり

「悪人は生まれ付きの悪人。」「そんなことをしないワタシたちは、生まれ付きの善人。良かったね!」という、グレーゾーンのない、ものすごく雑な分類でしか善悪や人間を捉えない視聴者が、全国に数千万人もいる、ということです。

ぞっとせずには居られません。

世の中の悪というものには大抵、

そういう善人の、悪が悪たるゆえんを想像力だけで理解できる(理解している)と思っている鈍感さが加担しているのだと、気づくことが多い人生なので。

ともあれ長年のストレスにようやくひと区切りがついてきたので

「テレビを持っても良いかな?」と思えるようになったのですが、しばらく後回しになるとは思います。それくらい、優先順位が低いです。

(持つにしても自分の場合、パソコンのUSBポートにワンセグチューナーを差すだけ、とかで済ませそうな気配。)

| | Comments (0)

Sunday, 20 April 2008

あなたの魂に安らぎあれ

神林長平さんの同タイトルの本とは関係ない内容ですが、同書はネコとSFが好きな人にはお勧めの一冊です。(と言っても、ネコ好きにお勧めできる理由は、ラストまで分からないと思いますけど。)

寂光様とkana様のコメントへのレスを考えながら、心に浮かんで離れなかった思い出話を一つ。

-------------

» Continue reading

| | Comments (0)

Wednesday, 16 April 2008

食事・栄養療法について(一)

kana様と寂光様のコメントへのレスを兼ねて。

------

先日の季節の変り目に、久々に軽い風邪を引いたときのこと。

一週間ほど連日、夕方4時くらいから微熱が出て、顔が熱くなったり、手足が重くなったり頭がボーっとしたり、という状態が続いたのですが、

その時、私は、仕事に支障がないように気を遣いながら、

考えてみれば数年前までは、長い間、こういう発熱や身体の重さとの戦いが日常的だったことを思い出しました。

それが日常じゃなくなった後も、留学の少し前まで頻繁にぶり返していたことや、

そのたびに内心で「大丈夫か自分?」と、不安になっていたことも。

当時、仮に親に相談しても、医療費の負担を愚痴られたり「死ね」と言われたりで、思うように病院に通えなかったし、

もし親戚に相談しても叱咤されるだけだったので、

できるだけ平気なフリをしていましたが、

今振り返ってみると「心細かったろうな自分」と思います。

------

管理人が、「食事療法」「栄養療法」といえる考え方に初めて出会ったのは、大学入学のために上京し、いわゆる「寝たきり学生」を地で行く暮らしをしていた頃のことです。

週あたり数時間、瞬発的に頑張って、そのたびに燃え尽きて、残りの時間を寝たきりで過ごす…というような時期、下宿の傍の書店で見つけたアンドルー・ワイル氏の著書がそれです。(「ワイル博士のナチュラル・メディスン」等)

これらのお陰で、カフェインや甘モノを過剰に摂取することの悪さや、精白しない穀物の良さを知ることが出来ました。

が、当時の流行では、「こんな不調にはこういうハーブが効く」というような、西洋の薬草にスポットライトが当たっていたせいか、食事そのものには、深く踏み込みませんでした。

「基本の食生活をきちんと。」という世論自体、今ほど盛んではなかった。

当時の私個人は、豆やゴマや野菜やキノコや魚など、一見しっかり食べていました。

しかし、白いご飯を主食としたり、安い清涼飲料水を大きいペットボトルで買ったり、朝食を「甘いシリアルと牛乳と果物」などで済ませることには、問題意識を持っていませんでした。

もし私に母仕込みの自炊能力がなかったら、さらに既製品に頼っていたはずなので、その場合、この歳まで生き延びることは不可能だったかもしれません。(その点では母に、微妙に感謝しています。)

つづく。

| | Comments (0)

«身体の使い方への無知